2010年04月16日

福山龍馬、結婚語った「芝居の上でもうれしい」

福山龍馬、結婚語った「芝居の上でもうれしい」4月16日7時3分配信 スポニチアネックス

初ツーショットを披露した坂本龍馬役の福山雅治とお龍役の真木よう子

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」(日曜後8・00)で夫婦役を演じる福山雅治(41)と真木よう子(27)が15日、東京の同局で初のツーショットを披露した。

福山は愛妻・お龍をエスコートして登場。私生活では独身を貫いているが「芝居の上とはいえ、結婚はうれしいですね」と照れた。

 05年にガムのCMで共演して以来の顔合わせ。真木は08年11月に会社員(28)と結婚し、09年5月に第1子となる女児を出産。「CM撮影でお目にかかって素敵な人だと思った。顔が小さくて。次に会ったら恋が始まるのかと思ったら、いつの間にか結婚されてるじゃないですかあ」と嘆いてみせた。

 プライベートでは“片思い”に終わったが、ドラマでは九州地方へ夫婦で旅行する場面があり「新婚旅行までできるとは」とうれしそう。2人の入浴シーンも予定されており「僕は率先して入ります」と真木を見つめてニンマリ。真木も「これまで放送を見てきて、福山さんと面と向かって芝居をするのかと震えていました。でもプロデューサーさんが“入れ”と言うのなら」と覚悟を決めている。

 報道陣から「私生活でも一気に結婚しては?」と質問されると苦笑い。それでも、07年の大河「風林火山」に主演した内野聖陽(41)が撮影終了後に女優の一路真輝(45)と挙式したことを引き合いに出し「大河が終わって結婚された方いますよね…僕はどうでしょう」と意味深なコメントを残し、まんざらでもない様子。

 お龍は強い女性として描かれるが「個人的には気の強い女性は苦手」と“関白宣言”。撮影が終了する今秋“龍馬結婚”のニュースが飛び出すか注目だ。



posted by ぴかまま at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。