2010年04月16日

衝撃作?『Mother』に注目

衝撃作?『Mother』に注目- 2010.04.15 17:00

14日から松雪泰子主演のドラマ『Mother』が始まった。

日テレの水曜日22時枠は、前クールの『曲げられない女』が人気を集め、昨年同時期には、小学生の殺人を扱った『アイシテル〜海容〜』が話題を呼んだ注目枠。第1話を観たブロガーの間では、早くも「今期一番の作品」「アイシテルに続く衝撃作」と評判になっている。

同作品は、母親とその恋人から虐待を受けている少女と、彼女を救うために誘拐する女性教師の姿を描く。ブログでは、少女への虐待に涙した人が「あまりにショックで、一夜明けてもひきずってます」「しばらく動けなくなり、思わず寝ている子供の顔を覗きに行きました」など、その衝撃を語っている。「こういう虐待のドラマが新しく始まるという事は…それだけ虐待を受けている子供達が多いという現実がありますね」と重く受け止めたブロガーも。

虐待される少女役の芦田愛菜(あしだまな)の演技に驚いた人も多い。愛らしいだけに留まらない卓越した演技力は、「ぐいぐい引き込まれてしまいました。最近出てきている子役さんの中でもずば抜けた演技力」「あの演技、私は泣きましたよマジで。悲しいのににこっとするところ」などと絶賛されている。役柄の年齢は7歳だが、本人の実年齢は弱冠5歳。“天才”との呼び声もあがるほどだ。

ドラマ『わたしたちの教科書』を手掛けた坂元裕二の脚本や、「まるで映画を見ているよう」「他局とは段違いの映像」と語られる映像の美しさにも注目が集まる。他人の子を連れ逃避行するという設定は、放映中のNHKドラマ『八日目の蝉』と似ており、両作品を比較しながら見る人も多そうだ。今期ドラマの白眉となるか、目が離せない。

(ひかる)



posted by ぴかまま at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。