2010年04月22日

ドラマ『Mother』主題歌で注目! 25歳の新人シンガー・hinacoが歌う理由

ドラマ『Mother』主題歌で注目! 25歳の新人シンガー・hinacoが歌う理由
2010年4月17日(土)9時0分配信 オリコン

 シンガー・hinacoの歌う「泣き顔スマイル」が、14日放送のドラマ『Mother』(日本テレビ系)の主題歌としてオンエアされ、その世界観とマッチしたバラードが話題を呼んでいる。

 hinacoの「泣き顔スマイル」は、松雪泰子主演ドラマ『Mother』のために書き下ろした楽曲。初回放送のエンディングでは、ほぼフルコーラスでオンエアされ、hinacoのオフィシャルホームページにもアクセスが集中。放送前と比較して約20倍のアクセス数を記録した。

 hinacoは今回の大抜擢までに、決して平たんではない道を歩んできた。就職活動中の21歳の冬、彼女は階段から「9段」も転げ落ちる事故に遭い生死の境をさまようことに。その経験で「人生の終わりは一秒後かも」と実感すると、就職活動への迷いを断ち切り、まともに弾いたこともないギターを手にし「歌うことで今を生きる」ため、ステージに立つことを決意したという。

 そこから4年間、ストリートを中心とした地道な活動が実を結び、携帯サイトに投稿したデモ曲が全国ランキングで1位を獲得。CDデビューを前にしてドラマ主題歌への抜擢に至った。“日常にあふれる「切なさ」を嘆くのではなく、「そこにもキラキラした輝き」を見出す”という価値観は、彼女自身が様々な経験を乗り越えて培ったものだ。そして生まれたバラードが、ドラマの世界観とマッチして、今大きなうねりとなろうとしている。

 25歳の新人シンガー・hinacoの「泣き顔スマイル」は4月28日より着うた(R) 先行配信スタート。そしてデビューシングルは6月2日発売が決定した。


posted by ぴかまま at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。