2010年04月22日

人気急上昇・仲里依紗は、“スウェーデン幻想”を復活させた女神だ!?

人気急上昇・仲里依紗は、“スウェーデン幻想”を復活させた女神だ!?
2010年4月21日(水)21時0分配信 リアルライブ

 近頃人気急上昇中の若手女優といって、仲里依紗を真っ先に思い浮かべる方は、今やけっして少なくないことだろう。

 実際、今年に入ってからの仲のメディア露出の勢いは、まさに凄まじいの一語だ。3月に公開された『時をかける少女』で主演(06年のアニメ版でも主役の声優だった)、それから今月23日からは、TBS系列でスタートする連続ドラマ『ヤンキーくんとメガネちゃん』のヒロイン、そして5月1日に公開される『ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲』では、ヒロイン・ゼブラクイーンを演じ、主題歌まで担当する。春の訪れとともに、映画・ドラマ・歌手デビューと大車輪の働きぶり。寝るヒマはあるのか!? と、いらぬ心配をしたくなってしまうが…。

 そして“露出”の凄まじさは、何もメディア展開のことだけではない。
 5月1日の公開前に情報解禁されたゼブラクイーンの衣装が、自慢のFカップ(?)巨乳の谷間が全開、ボンデージ衣装の隙間からは肉付きのよいお腹と股間を包む三角形の布が丸見えで、“ほぼビキニ”状態なのだ。彼女のファンならずとも、健康な男子ならば誰でも狂喜してしまう潔さ。オー、親愛なる読者諸兄よ、こんなにありがたい彼女はいったい何者なのか? 菩薩か!?

 そんな我らの菩薩女優・仲里依紗といえば、スウェーデン人の祖父を持つクオーター。くっきりした目鼻立ちと透けるような白い肌にその血筋を感じさせるが、実はどうも彼女、いわゆる“スウェーデンらしさ”を発揮しているのは、ビジュアル面だけではないようなのだ。
 なんと仲里依紗が、我々成人男子がスウェーデンに抱く「スウェーデン幻想」すらも体現している…という根強い噂が、まことしやかに流れているのだ。

 先日、若手俳優CHIKARAとの自宅連れ込みデートが発覚したばかりの仲だが、同時期に、数多くの女性芸能人と浮名を流し、“アイドル喰い”として知られる青年実業家と二股をしていた疑惑が囁かれている。関係した(?)オトコたちが羨ましい限りだが、なんともユルくて幻想溢れるイイ話ではある。

 どことなく“洋モノ”的なバタくささを感じさせるルックスと、中世の絵画の裸婦を思わすふくよかな体型。

深田恭子や綾瀬はるかがすっかりスリムになってしまった今、日本中のぽっちゃり愛好家たちの期待を一身に背負う仲里依紗だが、食生活もご飯よりもパンを好む洋風指向と噂されていて、当分は痩せる心配(?)もなさそう。

太りすぎだけには気をつけてもらい、このまま程よい肉付きをキープして、いついつまでも「ユル〜い北欧っぽさ」を見せ続けてほしいものだ。

仲里依紗は“女ジョニー・デップ”になる!


posted by ぴかまま at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアルライブから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。