2010年04月27日

どうしても視聴率が稼げない堀北真希

どうしても視聴率が稼げない堀北真希
2010年4月26日(月)15時0分配信 リアルライブ

 低視聴率女優といわれた上戸彩が現在、放送中の主演ドラマ「絶対零度 未解決事件特命捜査」のヒットでその汚名を返上した。

そこで気になるのが、やはり低視聴率女優と呼ばれる堀北真希だが…。

 上戸は常にタレント好感度調査で上位に位置しながら、06年の「下北サンデーズ」(テレ朝)では視聴率5〜6%台と低迷、打ち切りの憂き目に。翌年の韓流ドラマのリメイク「ホテリアー」(同)でも初回以外全てヒトケタ台と振るわず低視聴率女優といわれた。 しかし、彼女が初の刑事役に挑戦するドラマ「絶対零度」(フジ)では初回平均視聴率18.0%を記録。2回目も14.5%と健闘し、めでたく低視聴率女優の座から脱した。
 「CMでしか輝やかないといわれていましたが、これで本格女優へと踏み出せる」(芸能記者)

 ところが、もうひとりの低視聴率女優・堀北真希は相変わらずだ。

今クールの連続ドラマには出演していないものの、今年1月期のドラマ「特上カバチ!!」(TBS)に嵐の櫻井翔と主演。フタケタを記録したのは初回の12.9、4回目の10.8%のみで、最終回は7.4%。全10回の平均でも9.28%と振るわなかった。しかも公開中の映画「誰かが私にキスをした」(ハンス・カノーザ監督)も大コケなのだ。

 「同作はインターナショナルスクールを舞台に、階段から落ち、4年間の記憶を失ったナオミ(堀北)と、事故の時に病院まで付き添ったユウジ(松山ケンイチ)、親友のミライ(手越祐也)、事故前からの恋人のエース(アントン・イェルチン)との“四角関係”が描かれたラブストーリー。イケメン俳優を揃えているため若い女性の集客が見込まれました」(映画ライター)

 公開2日間で約3万9000人を動員、興行収入4900万円を記録。しかし、観客動員数は伸びず、「興行収入は2億円に乗せるのがやっと、という感じ。当初、全国247館で公開されたことを考えると、大コケと言わざる得ない」(同)

 堀北といえば、先ごろ高視聴率を稼ぎ出したフジテレビ開局50周年記念ドラマ「わが家の歴史」で好演したが、あくまで豪華キャストの中のひとり。早く主演作のヒットに恵まれることを期待したい。

堀北恋愛も「頑張っていこう」…映画「誰かが私にキスをした」


posted by ぴかまま at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。