2010年05月04日

朝ドラ「ゲゲゲの女房」ジワリ視聴率が上昇

朝ドラ「ゲゲゲの女房」ジワリ視聴率が上昇
2010年5月3日(月)21時51分配信 スポニチ

 午前8時スタートのNHK朝ドラ第1弾となった「ゲゲゲの女房」(月〜土曜)が放送開始から1カ月が過ぎた。

ここまでの平均視聴率は16・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、前作「ウェルかめ」から2・6ポイント上昇。その背景には“朝ドラ高視聴率の法則”と「主婦」というキーワードがあった。

 朝ドラは今作から、視聴者の生活習慣の変化に合わせ、午前8時15分の開始時間を48年ぶりに変更。視聴率への影響に注目が集まる中、3月29日の初回は14・8%。これは集計を始めた1964年以降、初回としては過去最低だった。

 ところが、ヒロインの松下奈緒(25)が本格登場した4月5日以降、徐々に数字は伸び、同12日には最高の18・2%をマーク。18%超えは「ウェルかめ」の放送中に台風情報を伝えた昨年10月以来。通常では「だんだん」(08年9月〜昨年3月)最終回の18・2%以来だった。

 この人気の一因に“朝ドラ高視聴率の法則”があると分析するのは「週刊ザテレビジョン」の藤田薫編集長。同作はヒロイン村井布美枝が漫画家の水木しげる氏と結婚し、昭和30年代以降の東京で貧しくも明るく生きる物語。「昭和、貧乏、一代記」をヒットのカギに挙げ「苦しい生活を耐え忍ぶヒロインの物語が、不自由なく生きる視聴者に非日常を感じさせるのでは」と指摘する。

 また、朝ドラの主人公と言えば「運命を切り開こうと努力する、職を持った女性」という印象があるが、布美枝は「夫の運命に流される専業主婦」。朝ドラが一切職を持たない専業主婦を主人公にするのは「30年以上前にさかのぼる」(NHKベテラン広報)という。

 減ったとはいえ、最近でも1300万人以上(05年国勢調査)とされる専業主婦。谷口卓敬チーフプロデューサーは「視聴者が似たタイプの主人公に感情移入するなら、専業主婦が一番間口を広げられると考えた」と説明。最近の朝ドラでは、落語家やミニコミ誌の編集者などの仕事を取り上げてきたが、藤田氏は「無理のある仕事が多い印象だった。ゲゲゲの女房は夫婦の自然なスタイルが丁寧に描かれ、落ち着いて見られる」とした。

 視聴者層も朝ドラの“固定客”である中高年齢者だけでなく、20〜30代にも広がりつつある。古くて新しい形のスタイルとして注目を集めそうだ。

彼女がキレイな理由:松下奈緒 「ゲゲゲの女房」主演 フィルムカメラで風景を撮影


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。