2010年05月16日

最高に恥ずかしいベッドシーンを告白!生田斗真と麻生久美子、風変わりな営みに仰天

最高に恥ずかしいベッドシーンを告白!生田斗真と麻生久美子、風変わりな営みに仰天5月14日8時1分配信 シネマトゥデイ

監督、一人ベッドシーンってありえないでしょう?−麻生久美子

 13日、辺ぴな山奥にあるモーテルで繰り広げられるだましだまされ合いの騒動を、11人の豪華キャストで描く群像コメディー映画『シーサイドモーテル』の試写会が大阪・メルパルクホールにて行われ、本作品では初となる舞台あいさつに生田斗真麻生久美子、守屋健太郎監督が登壇し、ドキッとする撮影マル秘トークが飛び出した。

 演技派の麻生はなんと本作でセクシーなコールガールを演じている。となるとシチュエーション上、避けて通れないのがベッドシーン。そのシーンについて麻生が、「普通の撮り方と違って、一人ずつそれぞれ演じるベッドシーンだったんです! ベッドシーンを一人で演じるってこんなに恥ずかしいことないな! って思いました(笑)」と衝撃(?)の事実を語ると生田も「僕も史上最大に恥ずかしかったです!(笑)」と本当に恥ずかしそうに麻生に同意していた。

 監督の意図としては、ベッドシーンは、二人で演じる方が恥ずかしいだろうという親心だったらしく、「僕なりに気を使って、一人ずつで撮ろうと提案したら、こうなってしまいました。(笑)二人であればベッドシーンも演技として入り込めるだろうことにそのときは気付かなくて(笑)。すみません!」と「恥ずかしい」を連発する麻生と生田にわびを入れた。

 この日集まった観客は、3人のマル秘トークに大興奮。大盛況の試写会となった。

映画『シーサイドモーテル』6月5日より全国公開

麻生久美子、艶やか肩出しセクシードレス!“母”松坂慶子も「素敵になった」と絶賛


posted by ぴかまま at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。