2010年05月16日

竹内結子が初の刑事役に挑戦!! 人気ミステリーをドラマ化

竹内結子が初の刑事役に挑戦!! 人気ミステリーをドラマ化

2010年5月10日(月)10時0分配信 オリコン

初の刑事役に挑む竹内結子

 女優・竹内結子が、今秋放送のSPドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)で初の刑事役に挑戦することが9日、わかった。

ノンキャリアながら異例のスピード出世を遂げた警視庁捜査一課の女性刑事・姫川玲子役を演じる竹内は「初めての刑事役ということで、今から緊張していますが、出演者の皆さんに助けて頂きながら良いチームワークで撮影できたらと思います」と気合い十分だ。

 文庫化一年あまりで60万部を超える大ヒットとなった、作家・誉田哲也氏原作の本格サスペンス『ストロベリーナイト』が、待望のドラマ化。

竹内が演じるのは、警視庁捜査一課殺人犯捜査十係、唯一の女性班長・玲子。高校時代にある事件に巻き込まれた経験から刑事を志望。“犯人以上に犯人の気持ちが分かる”と言われる程、鋭い勘を武器に、持ち前の成り上がり精神でノンキャリアながら異例のスピード出世を果たした。年上の同僚や部下からやっかみや嫌がらせを受けながらも、難事件解決に立ち向かっていく。

 同作を企画したフジテレビ編成部・成河広明氏は、「原作を読んだ瞬間、主人公・姫川玲子役は竹内さんしかありえないと直感しました」と竹内を起用した理由を説明。さらに「竹内さんには、“たおやかで”、“しなやかで”、そして“凛とした力強い”存在感があり、警察という男性社会の中で生きる女性刑事を魅力的に演じていただけると思っています」と期待を込めて語った。

 そのほかのキャストには、事件の鍵を握る姫川のライバル刑事を武田鉄矢、姫川を支える部下役を西島秀俊、桐谷健太、宇梶剛士、林遣都が演じる。また、生瀬勝久、高嶋政宏、遠藤憲一、渡辺いっけいのほか、国仲涼子、津川雅彦、谷村美月ら豪華キャストが集結。監督はテレビドラマのみならず、映画界でも活躍し、映画『キサラギ』で映画賞を総ナメにした佐藤祐市が担当。5月上旬にクランクインし、この秋ゴールデンタイムで放送される

日本人女優の“米国流出”が加速する


posted by ぴかまま at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。