2010年05月26日

鈴木保奈美がNHK大河ドラマで10年ぶり女優復帰

鈴木保奈美がNHK大河ドラマで10年ぶり女優復帰

来年の大河ドラマで女優復帰が濃厚になった鈴木保奈美

映画、テレビドラマから一線を退いていた鈴木保奈美(43)が、女優復帰を果たすことが25日、分かった。

帰作は来年放送のNHK大河ドラマ(ごう)〜姫たちの戦国〜」で、江の母親「お市の方」を演じることが濃厚だ。鈴木は1998年、「とんねるず」の石橋貴明(48)との電撃結婚を機に芸能界を引退。08年から婦人誌の連載など育児、家事に影響のない範囲で活動を再開させていたが、女優活動は00年公開の主演映画「いちげんさん」以来。元連ドラの女王が10年ぶりにカムバックする。

 トレンディー女優として一世を風びした保奈美が、「女優」として戻ってくる。復帰作は来年の大河「江(ごう)〜姫たちの戦国〜」が濃厚で、放送関係者は「すでに配役も内定しています」と明かした。同作は徳川2代将軍・秀忠の正室・江の生涯を描くもので、主役の江を上野樹里(24)が務める。

 保奈美が演じるのは江の母親で織田信長の妹「お市の方」。すでに長女・淀は宮沢りえ(37)、次女・初を水川あさみ(26)がふんすることが内定。豪華女優陣との競演に最強の切り札が投入される格好だ。

 保奈美は98年に石橋との結婚を発表、惜しまれる中、引退を表明。長女を出産後、99年9月19日に京都で行われた主演映画「いちげんさん」の舞台あいさつに登壇したのを最後に、公の場には一切、姿を見せていない。私生活では子宝にも恵まれ上から11歳、9歳、7歳と3人の娘を持つ優しいママだ。

 家事や育児も一段落した08年12月、8年ぶりに芸能活動を再開。女性誌「ミセス」で連載「ほなみ食堂」をスタートさせた。ここでは「一番下の娘が幼稚園児でなくなったことも、少し外に向くきっかけになりました」と語るなど、仕事を始めるにあたっての心境の変化を吐露し、近影も紹介。色っぽい和服姿を披露したこともあった。変わらない美ぼうや均整のとれたスタイルが健在であることをうかがわせた。

 時代劇出演は多くないが、保奈美にとって大河ドラマは初めてではない。99年「元禄繚乱」に、将軍・徳川綱吉の側用人(そばようにん)・柳沢保明(後の吉保)の側室・染子役で出演。偶然にも引退前最後のドラマ、復帰作がともに大河となる。

 トレンディードラマ全盛の90年代「東京ラブストーリー」「愛という名のもとに」(ともにフジテレビ系)など、数々の高視聴率のヒットドラマに出演してきた。妻となり、母となり、人間の深みを増してどんな演技を見せるのか。大きな注目を集めそうだ。

 ◆鈴木保奈美(すずき・ほなみ)本名・石橋保奈美。1966年8月14日、東京・大田区生まれ。43歳。84年、ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞受賞。85年、NHKスペシャルドラマ「匂いガラス」でデビュー。91年のフジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」で人気爆発。98年11月にタレント・石橋貴明と結婚し、3女をもうける。

女優・鈴木保奈美 前途多難
女優復帰を石橋貴明に認めさせた鈴木保奈美

りえ、あさみ…大河・上野樹里2人の姉発表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック