2010年05月26日

【ドラマの見どころ!】 3分に1回の泣き所と、キムタクのドラマにも出ていた“生き神様”が見どころ。『Mother』(マザー)

【ドラマの見どころ!】 3分に1回の泣き所と、キムタクのドラマにも出ていた“生き神様”が見どころ。『Mother』(マザー)
2010年5月25日(火)18時0分配信 リアルライブ

 今日の【ドラマの見どころ!】は松雪泰子主演の『Mother』(マザー)。

なんかものすごく似たドラマを檀れいがNHKでやってたけど、見ない間に終わっちゃったからこっちも慌てて見たチャッピー。

松雪泰子の何ともいえないテンションの低さをどうしてくれるの、っていいたいぐらい暗ぼったい母子ドラマ。

久々に見た田中裕子だとか、映画「空気人形」にも出てきた80歳のおじいさんがイイ。でもこの人、フジの「月の恋人〜Moon Lovers〜」にも出ていて、けっこう忙しいのね。
 
 教え子の女児を誘拐して逃げている鈴原奈緒(松雪泰子)は、誘拐した女児を自分の娘・継美(芦田愛菜)といい、実家の母・籐子(高畑淳子)のところに身を寄せる。しかし、継美の本当の母・仁美(尾野真千子)から電話がかかってきたりで継美が娘じゃない事が家族にバレてしまい、さらに籐子の口から奈緒は孤児で、妹・芽衣(酒井若菜)と果歩(倉科カナ)とは血が繋がっていない事と、継美と一緒にいるならこの家を出て行けと言われる。全てを承知した奈緒は、継美と家を出るが、奈緒の本当の母親・葉菜(田中裕子)が二人を守ると言い出し…。

 ちょっと複雑なんだけど、まあ女の人がいっぱい出てくる女の人生ドラマ。しっとり控えめなれども、結局は犯罪者になってしまう松雪さんの奈緒ははまり役と言っていい。この人の「ごめんね」ってセリフ、最強だわ。もう許すしかないじゃない。キムタクドラマと、「空気人形」で生神様のような名演技を見せる高橋昌也は、葉菜(田中裕子)のボーイフレンドの役。もう一人、週刊誌の記者で、藤吉駿輔(山本耕史)って男が出てきて、サスペンスを盛り上げているわ。

 病気の子供を妊娠した妹・芽衣(酒井若菜)が強がったり、母・籐子(高畑淳子)の苦しみが伝わって来たり、子役の芦田愛菜ちゃんの演技が切なかったりで、3分に1回の割合で泣き所があるドラマだから、泣きたい人にはオススメ。もちろん、倉科カナちゃんのオッパイも揺れてて、巨乳の酒井若菜と姉妹でも、貧乳の松雪泰子とは血が繋がってないところとか、よくできてるわ。(チャッピー)


posted by ぴかまま at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。