2010年05月29日

存在感が違う!馬渕英俚可 朝ドラ出演も決定

存在感が違う!馬渕英俚可 朝ドラ出演も決定
2010年5月27日(木)2時33分配信 スポニチ

スポニチプラザ大阪を訪れた馬渕英俚可

 女優・馬渕英俚可(31)が、このほどスポニチプラザ大阪を訪れ、内野聖陽(41)らと出演するギリシャ神話を舞台化した「イリアス」(9月28日〜10月1日、兵庫県立芸術文化センター中ホール)をPRした。

 ギリシャの詩人ホメロスによってまとめられた世界文学史上の傑作を元にした、本格的なギリシャ悲劇を目指す栗山民也演出の話題作。「ギリシャ神話特有の男たちのドラマのなかで女性としてそれなりの役割を果たせたら」と意気込む。

 このところ映画、テレビ、舞台と引っ張りだこで、NHKのテレビ小説「ゲゲゲの女房」にも主人公夫妻を支える編集者の妻役で6月から登場することが決まっている。「お話があればどんな役でも」とどん欲だが「やはり舞台が一番」。プラザで取材中も通りすがりの女性たちも思わず足を止めるほどの存在感を漂わせていた。

馬渕英俚可(まぶち えりか、1979年3月7日 - )は、日本の女優。本名、馬渕 英里何。

香川県三豊市出身。ホリプロ所属。日出高等学校卒。血液型はAB型。

1992年に第17回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ(下の子部門)を獲得し、1993年にデビュー。

2006年1月より今まで名乗っていた本名の「英里何」ではなく、芸名では「英俚可」を名乗る

馬渕英俚可 - Wikipedia


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。