2010年06月07日

水嶋ヒロの次に仕事がなくなるのは瑛太

水嶋ヒロの次に仕事がなくなるのは瑛太
2010年6月6日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 瑛太(27)と木村カエラ(25)ができちゃった婚――。2人は昨年9月に交際をキャッチされ、今春に同棲をスタート。すでにカエラは妊娠5カ月目という。

 若い2人のデキ婚を祝福する声もあるが、危ぶまれるのが仕事だ。

カエラは女性ファンが多く、奔放なイメージのため、土屋アンナのように産休明けすぐにも、“ママタレ”として活動再開が可能とみられている。

 ところが、瑛太はそうはいかない。昨年4月に絢香と電撃結婚した水嶋ヒロのように、女性ファン離れが起きて、仕事が激減する。

「絢香のバセドー病治療という理由もあって、当時、水嶋の結婚は“男らしい”と評価されました。しかし、水嶋を応援し続きてきた女性ファンの本音は“ショック”そのもの。結婚を聞いてファンをやめた女性も多かった。瑛太もファン層の中心は20代女性だから、同じ結果になる」(女性誌ライター)

 例えば、水嶋は今年7月から“月9”ドラマの主演を務めるという話があったが、結局「嵐」の松本潤に決定。今秋公開の映画まで大きな仕事の予定はない。

 瑛太は今は「素直になれなくて」(フジテレビ)に出ているが、その後は未定。CMは4本あるが、訴求相手のメーンは若い女性だから全滅の危機だ。

 今月13日に「いい男祭り」というイベントを主催する「イケメン評論家」の沖直実氏が言う。

「イケメンファンの女性は、男性のアイドルオタク以上に考え方がシビアです。好きなイケメンを崇(あが)め、徹底的に応援をする代わりに、いざそのタレントが結婚しようものなら“裏切り者”と切り捨てる。無名時代から応援し続けてきた自負があるし、それだけ金銭も負担してきたから、嫉妬に狂ってどうにも許せないのです」

 今やジャニーズでも恋人の存在はOKのケースもあるが、瑛太や水嶋は根っからの独身キャラ。結婚はマイナスに働く。瑛太は覚悟すべし。

(日刊ゲンダイ2010年6月3日掲載)

カエラ&瑛太「この先、一生のパートナー」
木村カエラ&瑛太デキ婚、今夏入籍11月出産

水嶋ヒロ、妻・絢香との夫婦水入らずを報告「最近まで新婚旅行をしておりました」


posted by ぴかまま at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。