2010年06月07日

野村宏伸 結婚丸10年の昨年7月離婚していた

野村宏伸 結婚丸10年の昨年7月離婚していた

昨年7月に離婚していたことが明らかになった俳優の野村宏伸

 俳優の野村宏伸(45)が離婚していたことが6日、分かった。10回目の結婚記念日を迎えた昨年7月に離婚届を提出。

2人の子供の親権は夫人(42)が持った。その後も今年5月まで都内の自宅で同居を続け、今月から独身生活をスタートさせている。

 野村がスタイリストだった夫人と結婚したのは99年7月。記者会見や結婚式は行わず、都内の飲食店でごく親しい仲間内だけでパーティーを開催。関係者は「派手なことが好きじゃない2人らしいアットホームなパーティーだった。その後の結婚生活もふたり手を取り合って、それはそれは仲が良かった」という。

 01年3月に第1子の女児が誕生。5年後には待望の男児が誕生し、いまでは9歳と4歳。野村は「大変な子煩悩」(関係者)で知られ、都内の自宅の近所に親子4人で買い物する姿がよく見かけられていた。

 それが、結婚から丸10年を迎えた昨年7月に離婚届を提出する事態になった。原因について、野村は周囲に「数年ほど前からお互いに人生の進む方向性に違いが出てきてしまった」と話している。

 ただ、関係者によれば「ゆっくりと2人で話し合ってきたこともあってか、お互いに顔も見たくないという関係にはならずに済んだ。円満に話し合いを終え、離婚したのに今でも仲は良いですよ」という。

 実際、離婚届を出した後も先月まで、都内の自宅で1年近く家族4人で過ごしていた。自宅を整理することに加え、まだ幼い子供たちに両親が離れ離れに過ごすことを理解してもらうには、それだけの時間が必要だったようだ。引っ越し後も「互いに呼べばすぐに行くことができる、ほど近い距離」(関係者)にそれぞれ住んでいる。

 野村は現在放送中のフジテレビの昼ドラマ「娼婦と淑女」で変質的な父親を演じるなど、演技の幅を一層広げているところ。周囲に「心機一転、さらに役者業に打ち込んでいきたい」と張り切っているという。

 ◆野村宏伸(のむら・ひろのぶ)1965年(昭40)5月3日、東京都生まれの45歳。84年に薬師丸ひろ子主演の映画「メイン・テーマ」の相手役に応募したのがきっかけでデビュー。身長1メートル80、体重60キロのモデル並みのスタイルと甘いマスクで人気を集め、フジテレビ「教師びんびん物語」などの“びんびんシリーズ”が大ヒットした。最近は映画やサスペンスドラマに多く出ている。


タグ:野村宏伸
posted by ぴかまま at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。