2010年06月09日

あの檀れいに似ている人は、「オノマチ」、という女優さんだ

あの檀れいに似ている人は、「オノマチ」、という女優さんだ
2010年6月8日(火)18時0分配信 リアルライブ

 2007年、第60回カンヌ映画祭においてパルムドールに次ぐ、グランプリを獲得した河瀬直美監督の『殯の森』(もがりのもり)。主演女優の尾野真千子(奈良県出身・身長163cm)が、じわじわと人気だ。

 ネットには、「井上真央と栗山千明を足して割った感じだなと思ったけど、だんだん個性にひかれていきました」というファンがいた。確かにそんな感じであろうか。

 演技は動きが緩慢でちょっとだけ妙、ルックスも美形に属しながらも目を瞠る美人、というわけでもなさそうだが、逆にそれが強い個性になっている。
 老作家役の原田芳雄の編集者を演じた、NHK『火の魚』でも、得意のシリアスな役どころながら、見るものを安心させる誠実で独特な間(ま)、を同居させる個性が光った。

 現在人気放送中の『Mother』(日テレ・毎週水曜日22:00〜22:54)では、産んだ子どもに虐待をしてしまう母親・仁美役を好演している。子供の生存を知った仁美は一路・室蘭から東京へ−
 そこで一転出番が増えた6月2日放送分の第8話では、ロードムービーを見ているような尾野の演技の“リアルさ”が画面を際立たせ、まさしく面目躍如といった感。

 あまりに切ない母子の関係が尾野と子役の健闘で丁寧に描かれたこの回の視聴率は、14.0%とこれまでで最高を更新した。

 尾野は、新聞のインタビューで“箱入り娘”と自称。本来は、明るい普通の人のようである。また今回同ドラマの役作りのため、あえて子役の子とあまり話さないようにしている、と雑誌で語っている。
 あのヤンママぶりを、演技であると聞いて驚く方も多いのではないか。

 「惣菜パンかぶりついてるところで勃起した」(ネット意見)という、どこか見るものをドキッとさせる人間としてのリアルな姿−やはりそこらへんが、彼女の人気急上昇中の秘密に思えて仕方ない。番組の展開とともども、尾野の更なるブレイクが楽しみだ。(了)

尾野真千子は10年期待の女優


posted by ぴかまま at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアルライブから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。