2010年06月14日

“24時間マラソン”を走るはるな愛に役得たっぷり

“24時間マラソン”を走るはるな愛に役得たっぷり
2010年6月14日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 8月28、29日に放送される日本テレビの恒例の番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」。今年はニューハーフのはるな愛(37)が24時間マラソンを走るが、この大役は実においしい仕事として知られている。どれくらい稼げるのか。

 この番組はチャリティーだが、出演者にはギャラが支払われる。マラソンランナーの場合、金額は通常とは別枠なので、ケタが違うともっぱら。はるなはギャラが安くてコストパフォーマンスがいいタレントだが、こと“24時間マラソン”に限ってはタレントによる差はないといわれている。

 そして本当に稼げるのは番組後。日テレは「24時間」を走ったタレントのことは1年間フォローする。たとえば、昨年走ったイモトアヤコは日テレで2本のレギュラーがあり、特番出演なども飛躍的に増えた。また、完走すればギャラは大幅にアップし、08年に走ったエド・はるみの場合、ゴールデン枠で50万円程度だったギャラが80万〜100万円にハネ上がったという。はるなも現在50万円以上で、エドと同じくらい稼げるはずだ。さらに、CM出演などが増えるケースが多く、結果的に“24時間特需”で年間で億単位の収入になる。

 はるなは発表後、日テレの番組に出ずっぱり状態。走るまでにもたんまり稼げる。タレントにとっては24時間さまさま。

(日刊ゲンダイ2010年6月11日掲載)

24時間テレビ』を毎年楽しみにしている制作会社
posted by ぴかまま at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24時間テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック