2010年06月15日

W杯カメルーン戦視聴率は45.2%=関東地区〔W杯〕

W杯カメルーン戦視聴率は45.2%=関東地区〔W杯〕 

日本時間14日深夜から15日未明に行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)日本代表の初戦、カメルーン戦の生中継(NHK総合)の平均視聴率は前半が関東地区44.7%、関西地区38.3%。後半が関東地区45.2%、関西地区41.7%だった。ビデオリサーチが15日、発表した。(時事通信)

み〜んなが見た!日本代表、真夜中の金星45・2%6月15日 10時29分配信(スポニチアネックス)

 14日深夜から15日未明にかけてNHK総合で放送されたサッカーのW杯南アフリカ大会1次リーグ「日本−カメルーン 第2部」(23時48分から)の視聴率が、45・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。サッカー日本代表の試合では歴代13番目の高視聴率。W杯での日本代表の試合としては11試合中10番目。代表戦は視聴率低迷が続いていたが、4年に1度の祭典で持ち直した格好。第1部(10時50分から)は44・7%だった。関西地区は前半38・3%、後半は41・7%だった。

 瞬間最高視聴率は、関東が試合終了直前(15日午前0時50分)などの49・1%。関西は日本が先制した直後(14日午後11時40分)などの45・3%だった。

 ビデオリサーチ社の調べによると、日本代表の最高視聴率は02年6月9日に放送されたW杯日韓共催大会1次リーグ「日本−ロシア」が66・1%。06年の前回ドイツ大会では「日本―クロアチア」の52・7%が最高だった。

 試合は日本は前半38分に本田のゴールで先制。虎の子の1点を最後まで守り通し、勝ち点3をゲットした。日本代表が1次リーグ突破に大きく近づいたこともあり、19日夜のオランダ戦、24日未明のデンマーク戦でも、高視聴率が期待できそうだ。

み〜んなが見た!日本代表、真夜中の金星45・2% - 2010 FIFA ワールドカップ - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ

平均7.8キロ…日本「走り勝ち」 岡田指示通り、データ裏付け W杯
)逆境越え、12年後の初勝利=選手の成長喜ぶ岡田監督〔W杯〕

南アW杯 日本、怒とうの攻撃にひるまずカメルーン破る、南アW杯「金髪の異端児」輝き…本田圭佑、初戦で先制点、兄追い掛け、夢への一歩=「何でも競争」−本田選手

日本代表が白星発進、自国以外のW杯で初勝利
日本、カメルーン下す=海外W杯で初勝利―本田が決勝ゴール
南アW杯 日本初戦勝利 カメルーンに10



posted by ぴかまま at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。