2010年06月25日

南アW杯 日本代表 本田、名実ともに「日本の顔」に

南アW杯 日本代表 本田、名実ともに「日本の顔」に6月25日 10時40分配信(毎日新聞)

 ◇「無回転フリーキック」ゴール突き刺す

 赤土色の大地に囲まれた競技場。乾いた空気を切り裂くような軌道で、本田の「無回転フリーキック」がゴールに突き刺さった。日ごろから「1試合でサッカー人生は変わる」と話す本田は両手の拳を強く握り、叫び声を上げた。名実ともに「日本の顔」となった瞬間だった。

 前半17分、ゴールまで30メートル弱の地点でボールをセットすると、短い助走から左足を振り抜いた。必死に伸ばしたGKの手の先を、ボールは左下へと離れていく。標高約1500メートルでは空気抵抗の違いなどから軌道が安定せず、練習では浮かしてしまうことが多かったが、本番で決めてみせた。

 チームを決勝トーナメントに導く先制ゴールにも、本田は「思った以上に喜べない。それが自分でも不思議」と話した。この日の試合は相手に競り勝つ場面が多く、「(19日に対戦して敗れた)オランダが相手だったら、あんなにうまくいかなかった。まだ上がある」。そんな思いが交錯する。

 「本田らしい」発言は止まらない。自分でも打つ構えを見せた遠藤の2点目の場面を「1点取っていなかったら、けんかになったかもしれない」。自らシュートを打たずに岡崎にアシストしたシーンを「そこで2点目を取れなかったのが、オレがストライカーになれない理由」と笑った。

 岡田監督が掲げた「ベスト4」の目標以上に、「優勝を狙う」と公言する。ただ「弱い自分は『(目標まで)行ける』と思っていない。弱い自分がどんどん大きくなる。でも、それを自分でコントロールしている。それができれば、パラグアイ戦でも素晴らしいプレーができる」と、独特の言い回しで視線を次の試合に向けた。

 チームが本大会前の不調から一転、結果が出ている理由を、岡田監督は「一丸となって、勝てて、それが自信になった」とみる。本田も「一つ一つ上のステップに挑戦して、それができるチームになりつつある」と手応えを感じている。そして今、その先頭に本田がいる。【江連能弘】

)決勝T進出に明け方の列島歓喜! W杯「日本×デンマーク」 午前5時までに平均30.5%、瞬間最高41.3%の視聴率を記録
露「ホンダが疾走」英「ライジング・サン」 海外メディアが日本を絶賛
<南アW杯>本田「目標ははるか先」 長谷部「全力出した」
<南アW杯>日本2大会ぶり決勝T進出 デンマークに3−1

<南アW杯>本田・遠藤FKで2−0、後半キックオフ デンマーク戦
<南アW杯>前回覇者イタリア敗退 パラグアイ・スロバキア進出



posted by ぴかまま at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。