2010年07月01日

TBS史上最高、瞬間64・9%!岡田ジャパン熱く燃えた

TBS史上最高、瞬間64・9%!岡田ジャパン熱く燃えた

 岡田ジャパンの熱戦に列島が熱く燃えた。TBSが中継した「W杯日本―パラグアイ戦」(29日、午後10時40分〜深夜1時10分)の平均視聴率が57・3%、瞬間最高で64・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。TBSでは1972年の人気ドラマ「ありがとう」がマークした視聴率56・3%を抜き、同局史上最高となった。

 試合が延長戦に突入したため、集計は延長前半13分までだが、占拠率は77・8%となり、テレビをつけていた5人中4人が決戦を見守っていた。W杯における日本戦では06年ドイツ大会のクロアチア戦(テレ朝)を抜いて歴代5位。今大会初の50%超えとなり、全局のスポーツ番組の中でも歴代12位だ。数字は試合開始と同時に急上昇し、60%前後を推移。午後11時46分、試合がきっ抗状態だった前半ロスタイムに瞬間最高をマークした。

 ミラクルが続いた。フジテレビが中継権を放棄したため、TBSにとって初のW杯日本戦中継となった。「雨により在宅率も上がった」と関係者はみている。さらに、08年同局年間最高視聴率トップ3を制覇した山田修チーフディレクターを投入。計5台の独自カメラも使い、全力でイレブンを追い続けた。

 実況を担当した土井敏之アナ(39)は、大一番を「プレトリアの死闘」と表現。中継から一夜明け、高地会場での酸欠による頭痛と闘いながらの実況だったことを明かし、「重責を果たしてホッとしたことは事実ですが、我々の放送で終わってほしくなかったのが本音です」とコメントした。

 TBSは昨春、「第2の開局」と銘打って大幅な改編に着手したが裏目となり、最近では全日で2ケタ視聴率がない日が続くなど、低視聴率に悩まされ続けていた。まさに“起死回生”の3時間となったわけだ。30日、東京・赤坂の社屋1階には「岡田JAPAN感動をありがとう」との特大パネルが設置された。昨年は山田チーフディレクター&土井アナコンビで「WBC世界フライ級タイトルマッチ・内藤大助×亀田興毅」で年間最高の43・1%をマークしたが、これで“連覇”が濃厚。同局の明鏡康夫プロデューサーも「歴史的な番組に携わることができた事実を素直にうれしく思います」と話している。

 ◆芸能界から熱いメッセージ
▽矢部浩之(ナインティナイン)「正直、互角に戦えていたので、くやしいです! がしかし、勇気や感動をたくさん頂きました。ありがとうございました」
▽香取慎吾(テレビ朝日応援団長)「悔しさ100、でも、未来への夢200もらいました!!! 岡田JAPANに負けないチームワークで、4年後も応援団長を務めさせてもらえるように、SMAPがんばります!!! 感動を与えてくれて、ありがとうございました!!!」

 ◆ありがとう 1970年代にTBSで放送されたホームドラマ。脚本・平岩弓枝、プロデューサー・石井ふく子。第1シリーズから第4シリーズまであり、第3シリーズまでは故・山岡久乃さん、水前寺清子の母娘の日常生活、それを取りまく人々との物語が描かれた。これまで同局の最高視聴率だったのは病院を舞台にした第2シリーズの72年12月21日放送分。

(2010年7月1日06時04分 スポーツ報知)

)パラグアイ戦の視聴率は57・3% W杯


posted by ぴかまま at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。