2010年07月02日

中村俊輔、代表引退表明…「します」

中村俊輔、代表引退表明…「します」7月1日 22時12分配信(産経新聞)

中村俊輔

 長くサッカー日本代表をエースとして引っ張ってきた中村俊輔(32)が1日、代表引退を表明した。調子を落としたため、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会では先発を外れ、4試合ともベンチスタート。わずか26分間の出場に終わった。変幻自在のフリーキックでサポーターを魅了した「背番号10」の代表引退劇は一つの時代に終わりを告げた。(小川寛太)

 4200人ものサポーターが集まった関西空港。そのホテルに隣接するホテルで行われた会見後、報道陣に代表引退について問われた俊輔は「うん、しますよ」と認め、そのまま、足早に会場を去った。硬い表情でそう答えるレフティーの顔には、明らかに悔しさがにじんでいた。

 最後のW杯は、わずか26分間のみの出場だった。それでも、中村俊は一切恨み言を言わなかった。「(故障した)足首は大丈夫。全部実力。戦い方や戦術が変わったから、出られなかったとは思わない」悔しさは当然ある。それでも、決してそれを他人のせいにはしなかった。

 2002年の日韓大会でメンバー落ちしたときもそうだった。「どんな監督にも必要とされる選手になればいい」と誓い、イタリアに渡った。レッジーナで監督の方針に合わずベンチを温めたときも「いつかチャンスがくる」と黙々と練習を続けた。

 唯一の例外といえるのが、横浜マリノス復帰への決断だった。夢だったスペイン挑戦を8カ月であきらめた。ただそれはW杯が目前に迫っており、試合勘を失うわけにいかないから。逆に言えば、それほど今大会にかけていた。

 中村俊にとって、南アW杯はサッカー人生の集大成になるはずだったが、不完全燃焼のまま終わりを告げた。

)【サッカーW杯】誰も責めやしない悲運の男・駒野
俊輔外しの賭けに勝った岡田監督…苦渋の決断明かす


タグ:中村俊輔
posted by ぴかまま at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。