2010年07月05日

吉高由里子、イメージを気にしつつ天然系“小悪魔”炸裂

吉高由里子、イメージを気にしつつ天然系“小悪魔”炸裂7月4日15時39分配信 オリコン

「フリーダムなポーズを!」 報道陣からのリクエストに“3ピース”で応えた吉高由里子 

 女優の吉高由里子が4日、ロケ地である東京・吉祥寺の成蹊大学で行われた、

7月10日スタートの新ドラマ『美丘−君がいた日々−』(日本テレビ系 毎週土 後9:00)の制作発表会見に出席した。同級生の恋人と惹かれ合う内容にちなみ「友人の彼氏を好きになる?」と聞かれた吉高は、「(自身の)イメージに関わる質問ですが」と前置きしたうえで「揺さぶられるぐらい本能的に求め合うのであれば、いっちゃうかも!」と肯定。同じような経験をしたのか問われると「何を聞いてるんですか!?」と受け流し、その後も小悪魔的要素たっぷりの内容が飛び交った。


 作家・石田衣良の同名小説が原作で、石田の母校である同校で撮影。不治の病を抱えて死を意識しながら、1日1日を大切に生きる女子大生の主人公・美丘(吉高)を全力で愛する恋人・太一(林遣都)、太一と親密関係にある友人・麻理(水沢エレナ)や家族、医者らとのふれあいから、愛の尊さや生命の尊厳に迫る。吉高は本格的連ドラ初主演。主題歌は福山雅治が書きおろした「蛍」が起用された。

 美丘の役柄の雰囲気にちなみ「キャストで一番“フリーダム”な人は?」との質問が飛ぶと、キャスト陣は迷うことなく吉高を指名。一瞬、「ガビ〜ン…」と落ち込んでみせた吉高だが、すぐさま「ひょうきんなお父さん(寺脇康文)とちょっといやらしいお医者さん(谷原章介)、家でも病院でも、ちょっと潤っちゃいますね!」と意味深に切り返して、役者としても大先輩の2人はタジタジ。

 そんな“自由”な雰囲気たっぷりの吉高について、父親役の寺脇は「俺をくすぐったり『女子より敏感〜』と言いながら乳首を触ってきたり…本当にいたずらっ子なんですよ。私も、彼女のイタズラに負けないように頑張りたい」と“イメージに関わる”暴露で笑いを誘っていた。

 そのほか、会見には勝地涼、夕輝壽太、中村静香、真矢みきらも出席した。

福山「蛍」に自信!「桜坂」超えバラードだ!


posted by ぴかまま at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。