2010年07月06日

上地雄輔が過酷ロケに「高校の部活以来」

上地雄輔が過酷ロケに「高校の部活以来」
2010年6月25日(金)16時46分配信 日刊スポーツ

 俳優上地雄輔(31)が連続ドラマに初主演するフジテレビ系「逃亡弁護士」(7月6日スタート、火曜午後10時)の制作発表が23日、都内で行われ、上地ら出演者が抱負を語った。

 殺人容疑をかけられ、真犯人を探すために逃走した弁護士の逃亡生活を描く。全力疾走や下水道での泥まみれなど過酷なロケに取り組む上地は「ハンパなく臭いし、ナメクジが上がってきた。高校の部活以来、雨が降って欲しいなと思う」と笑った。また「弁護士役と聞いた時は『セリフ多いんだべな、と思った』。めちゃくちゃ体力的に大変か、めちゃくちゃ難しい言葉をしゃべってるか」。また、ドラマについて「主人公はスーパーマン的で、1話1話は水戸黄門的」と語り

「僕が冤罪(えんざい)を着せられたらパクられます。裁判所で『やってない』と言います」と話した。

共演は石原さとみ(23)北村一輝(40)矢田亜希子(31)豊原功補(44)ら。

上地雄輔が渋谷の下水道に潜伏!? ドラマ「逃亡弁護士」制作発表
2010年7月5日(月)20時3分配信 ザテレビジョン

新ドラマ「逃亡弁護士」の制作発表に登場した矢田亜希子北村一輝、上地雄輔、石原さとみ、豊原功補

フジ系で、7月6日(火)からスタートするドラマ「逃亡弁護士」の制作発表会見が6月23日、都内で行われ、出演者の上地雄輔、石原さとみ、北村一輝矢田亜希子、豊原功補らが出席した。

同作は、「週刊ヤングサンデー」(小学館)で、'08年7月まで連載されていたコミック「逃亡弁護士 成田誠」が原作。若手弁護士・成田誠(上地)が、突然身に覚えのない先輩弁護士殺害、放火、横領の罪を着せられ、極刑を免れようと逃走を決意。事件の真相を追いながら、法律で困っている人々を助けるヒューマンサスペンスだ。

主演の上地は「大変だったシーンは全部! 特に、下水道のシーンは、本当に(東京・)渋谷の交差点の真下で撮影したんですが、においが半端じゃなかったです。僕の上にナメクジがずっと付いていたり、スタッフさんがずっと“オエオエ”言っていたり。走っているか、難しい言葉を言っているか、誰かに熱く語っているかなので、体力的には日々厳しいです」と撮影の苦労を語った。また、役作りについては「原作では、強さが前面に出ていて、若干スーパーマンっぽいんですよ。でも、ドラマでは生身の人間が動くということで、見ている人が応援したくなるような人間を演じようと思っています。弱さだとか、情けなさも出していきたいですね」と明かした。

一方、石原は「上地さんにはあまりお会いできていないんですが、ひまわりみたいな方。すごく楽しい話をたくさんしてくださるんですけど、本番が始まったら、“成田”になっている姿を見て、『あーすごいなー』と思いました。早く一緒にお芝居がしたいですね」と上地の印象を話した。

また、北村は「撮影現場では、実際に上地くんと会うことがほとんどなくて、きょう久しぶりに会って『あ、出てたんだ』という感じです(笑)」と冗談交じりにコメント。続けて、「想像以上にまじめにやっていて、びっくりしました。ちゃんと周りの空気も読みながら、自分のやるべきこともやっているなと感じましたね。すごいです」と上地を絶賛した

上地雄輔、熱血弁護士役で民放連ドラ初主演!!


posted by ぴかまま at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。