2010年07月10日

ドランク塚地、“座長”山田優は「すげえ男前」

山田優「3日を100円」上京直後の極貧生活披露
2010年7月7日(水)20時59分配信 スポニチ

 モデルの山田優(26)が連続ドラマに初主演するテレビ朝日系「崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な“カネ”の話」(9日スタート、金曜後9・00)の記者会見が7日、都内で行われた。

 貧乏で不幸な女を演じる山田は「沖縄から上京した直後は3日を100円で過ごした」と貧乏経験を披露。一方、共演で父親が元首相の小泉孝太郎(31)は「僕は(貧乏経験は)全くないですね」と話し、共演者たちから「そりゃそうだよね」と羨(せん)望のまなざしを向けられた。

ドランク塚地、“座長”山田優は「すげえ男前」
2010年7月7日(水)14時51分配信 オリコン

会見に出席した陣内孝則、主演の山田優、渡邊えり、田中要次、ドランクドラゴン・塚地武雅、小泉孝太郎 

 女優の山田優が7日、都内で行われた連続ドラマ初主演作「崖っぷちのエリーこの世でいちばん大事な金の話」ABC・テレビ朝日系)の制作発表会見に出席。

山田自身は「崖っぷちの人生にはなりませんように」と七夕の短冊に願いを込めて撮影の順調
ぶりを報告。

共演者のドランクドラゴン・塚地武雅は“座長”山田に「こんなに楽しくて明るくて元気な人とは思わなかった。ちょっとバカ寄りというか。すげえ、山田優って男前。突っ込まれた時の痛みは格闘家並みだし」と冗談めかして盛り上げた。

 漫画家・西原理恵子の破天荒な半生をつづった著書『この世でいちばん大事な「カネ」の話』をドラマ化。貧しいながらも持ち前のガッツで立ちふさがる障害や敵を乗り越え、漫画家として成功する絵里子(エリー)の波乱万丈なサクセスストーリー。

 連ドラ初主演に山田は「不安に押しつぶされそうになったけど、気負わずに現場にインしました。仲良く和気あいあいとやらせてもらってます」と報告。渡辺えりが「優ちゃんは、周りに気遣いだと思う。現場を明るくしてくれる」と座長ぶりを賞賛すれば、田中要次は撮影現場で変顔を振りまくという山田に「綺麗な山田優のイメージが崩れてきている」とかぶせ、笑いを誘った。

 ドラマの内容にちなみ、苦労話について質問された山田は「沖縄から上京した時は月末お金が無くて。3日を100円で生活したこともあった」と苦笑い。間髪入れずに塚地は「切羽詰って6円しかない時があった」と張り合うと、渡辺も「いつもお腹空いて1か月お風呂に入れなかった」と明かすなど、下積み時代の壮絶な貧乏エピソードが飛び交っていた。

 会見にはそのほか、共演の小泉孝太郎、陣内孝則が登壇した。ドラマ『崖っぷちのエリー 〜この世でいちばん大事な「カネ」の話』は7月9日(金)より毎週金曜午後9時放送。

山田優「すごく前向きになれるドラマ」
2010年7月7日(水)18時2分配信 日刊スポーツ

願い事を書いた短冊を披露する山田優

 山田優(26)主演のテレビ朝日系ドラマ『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話』(9日スタート、金曜午後9時)の制作発表が7日、都内で行われた。人気漫画家西原理恵子氏の半生をつづったエッセーが原作で、超貧乏生活を経て成功をつかむまでを描く。
 本作が連ドラ初主演の山田は「すごく前向きになれるドラマ。生きる活力を与えたい」と意気込みを見せた。ドランクドラゴンの塚地武雅、小泉孝太郎、田中要次、陣内孝則、渡辺えりら演技派キャストが脇を固める。
 七夕当日にちなんで出演者は願い事を書いた短冊を披露。陣内はヒロインの父親役だが初回で死んでしまうため、「長生き」。塚地は「相方に働いてほしい」と書き、「うちのコンビは折半なんで、釣りばっかりやっててもドラマの出演料を半分持ってくから」と嘆いて爆笑を誘った。

山田優が連ドラ初主演!! 西原理恵子の壮絶半生を体当たり熱演

キョンキョン&永瀬、元夫婦が夫婦役…「毎日かあさん」実写映画化


posted by ぴかまま at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。