2010年07月19日

武市半平太を好演して仕事が殺到!これから大忙し 大森南朋

武市半平太を好演して仕事が殺到!これから大忙し 大森南朋
2010年7月18日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●「龍馬伝」では切腹して画面から消えるが

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」は11日で第2部が終了したが、これまでもうひとりの主役だったのが大森南朋(38)が演じた武市半平太。今後、大森は画面から消えるが、気になるのは絶大な人気を誇った大森のこれから。

 大森はマゲ女(ちょんまげが似合うイケメン好き女性)に“なお様”と言われていて女性ファンが急増中。武市の鬼気迫る表情は福山雅治演じる龍馬を食ったと評価する声もあり、“なお様”人気はとどまるところを知らず。

「第2部のトリを飾ったのが武市の切腹です。この放映前に“武市を延命させてくれ”といった嘆願書やメールがNHKに何通も届き、これには番組スタッフが驚いたそうです」(テレビ関係者)

 このモテモテぶりを民放や映画のプロデューサーが放っておくわけがない。彼らも“なお様”追っかけ隊になり、企画書を持って所属事務所に日参している。ただし、大森獲得は難しい。最初にプロデューサーらスタッフと話をし、納得なら企画書を受け取るが、スタッフと波長が合わなければ、どんな好条件を提示しても首を縦に振らないという。それでも、大森がOKした映画の企画が2本、年末年始番組でフジテレビとTBSの企画がそれぞれ1本ずつ決まっていて、NHKの主演ドラマの話もあるという。

「CM出演のオファーも殺到している。今はサッポロビール、富士フイルムのCMのナレーションを担当しているが、飲料水や自動車関連からの依頼がある。下半期から来年にかけて大森の顔をあちこちで見ることになるでしょう」(事情通)

 私生活も賑やかだ。最近は“隠れたモテ男”として有名で、相手はPUFFYの吉村由美、蒼井優、今春写真誌に撮られた浅見れいなら。まだバレていないタレントも多いとか。ちなみに、自分からアプローチしたことがないというから、どんだけモテるのか。

 NHKや映画などで渋い役者として以前から評判は高かったが、今や大物の仲間入り。ますます注目の俳優である。

(日刊ゲンダイ2010年7月15日掲載)

福山龍馬”強し! 2010年上半期ドラマ視聴率TOP10出揃う


posted by ぴかまま at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。