2011年05月11日

NHK大河「江」の次は平清盛40年ぶり

<岡田将生>大河史上最年少の源頼朝役&語り部に 12年「平清盛」

<深田恭子>正妻役に決定 武井咲が側室 成海璃子ら美女キャスト9人発表 12年大河「平清盛」
2012年NHK大河『平清盛』 ライバル・玉木宏&松田翔太で三つ巴の戦い

武井咲が大河!松ケン清盛側室役が有力
<松山ケンイチ>重文・清盛像と“初対面”「色黒で体を大きく」大河ドラマ役作りで肉体改造誓うまんたん
玉木宏、NHK大河ドラマ「平清盛」でライバル・源義朝に挑戦
松ケン、逆オファー実らせ 『平清盛』主演の座を獲得
松山ケンイチ、2012年大河『平清盛』主役に正式決定 「凄いプレッシャー」
2012年度NHK大河ドラマは『平清盛』 40年ぶり主人公で新時代のヒーロー像打ち出し

NHK大河「江」の次は平清盛40年ぶり
2010年7月23日(金)10時9分配信 日刊スポーツ

 「龍馬伝」、来年の「」に続く、2012年のNHK大河ドラマが、平家をテーマに描かれることが22日、分かった。

関係者によると、主人公は平清盛という。

平家を主軸にした作品は、72年に仲代達矢が平清盛を演じた「新・平家物語」以来で40年ぶりとなる。源平の時代を扱うのは滝沢秀明が主演した05年「義経」以来で7年ぶりだ。

 最近の大河ドラマは、山内一豊とその妻千代の出世物語を扱った06年の「功名が辻」以来、「篤姫」「天地人」など戦国時代や江戸、幕末を描く作品が続いていた。

関係者によると、局内では、ほぼ同じような時代が続いたことで、さらに時代をさかのぼった作品を描こうという声が上がっていたという。

 平清盛については、数年前から「そろそろ源平の時代、清盛はどうだろう」と制作を望む声があったとされる。昨年までにタイミングとして72年の「新・平家物語」からちょうど40年という節目の年に放送する方針が固まったようだ。
 72年の「新・平家物語」は、吉川英治の小説「新・平家物語」を原作として、平家一門の栄華とその滅亡を一大叙事詩的に描いた。主役の仲代のほか、妻時子を中村玉緒、平忠盛を先代の中村勘三郎、建礼門院徳子を佐久間良子が演じた。大河ドラマ10作目という記念作でもあり、豪華な出演者が話題を呼んだ。1台1000万円の牛車を使用する力の入れようだった。

 大河ドラマは63年の「花の生涯」からスタートした。12年の清盛を描く作品は、大河ドラマ誕生からちょうど50年目でもある。72年の作品に負けない豪華キャストの可能性もある。

「龍馬伝」から「鉄の骨」まで上質NHKから置いていかれた民放ドラマ
--------------------------------------------------------------------------------


posted by ぴかまま at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。