2010年08月12日

ゲゲゲの松下奈緒、新ヒロインにエール

ゲゲゲの松下奈緒、新ヒロインにエール8月11日21時17分配信 デイリースポーツ

 NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に主演している女優・松下奈緒が11日、東京・松屋銀座でスタートした「水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展」(23日まで)のオープニングセレモニーに水木氏の妻・武良布枝さんとともに出席した。視聴率20%超えを連発する人気作となった「ゲゲゲ‐」の経験を踏まえ、この日発表された来春の新ヒロイン・井上真央にもエール。「人生でこれだけ同じスタッフの方と毎日仕事ができることはないと思うので、自分の気持ちに素直になって演じてほしい」と助言した。

NHK来春朝ドラは『おひさま』 ヒロイン・井上真央がNHKドラマ初主演

★★★

<井上真央>「あきらめていた」NHK朝ドラヒロインに 11年春「おひさま」で8月11日17時8分配信 まんたんウェブ

11年春のNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」のヒロインに決まった井上さん

 女優の井上真央さんが11日、11年春のNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」のヒロインに決まった。井上さんは「いつかできたらいいなと思っていた。でも、新人の登竜門とか、オーディションが難しいという印象で、もう私には声がかからないだろうとあきらめていたので、うれしい。聞いたときに『えっ?』と思いましたが、自分が成長できるチャンスだと思う」と笑顔で話した。 

 「おひさま」は、昭和7年から、戦前戦中を挟んで昭和30年代までの長野・安曇野と松本を舞台に、おひさまのような明るい希望で照らすヒロイン・陽子がそばと出会い、人々の心をそばでつないでいくドラマが描かれる。脚本は、「銭ゲバ」(日本テレビ)、映画「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和さんで、連続テレビ小説は、01年の「ちゅらさん」以来10年ぶり。井上さんは、05年のドラマ「花より男子」(TBS系)が大ヒットし、映画でも08年の「花より男子ファイナル」、09年の「僕の初恋をキミに捧ぐ」、10年の「ダーリンは外国人」に主演。NHKドラマは95年の「藏」、99年の「櫂」以来12年ぶりの出演。

 井上さんは「長野はロケで行くというイメージ。プライベートで行ったことがない。自然のイメージとそばがおいしい(印象)。(ロケでは)自然を肌で吸収したい。地元の方とふれあいながら、おいしいおそばもいただきたい」と撮影に思いをはせていた。

 放送は3月28日から全156回。クランクインは10月の予定で、先行して行われるロケ撮影は今月末からスタートする。(毎日新聞デジタル)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。