2010年08月14日

独占入手 ドラマ女優の「共演NGリスト」最新版(2) 上野樹里vs長澤まさみ 堀北真希vs宮崎あおい

独占入手 ドラマ女優の「共演NGリスト」最新版(2) 上野樹里vs長澤まさみ 堀北真希vs宮崎あおい
2010年8月13日(金)22時0分配信 週刊実話

(提供:週刊実話) [

 同じ若手女優では、上野樹里(24)と長澤まさみ(23)も冷戦状態だ。

 2人のバトルが勃発したのは、'08年の春ドラマ『ラスト・フレンズ』(フジ系)で共演した時。当時、“低視聴率女優”としてバッシングを受けていた長澤が珍しく数字を取れた同作には、上野の好演が大きく影響した。
 「上野は、長澤を愛する性同一障害の女性モトクロスライダーを演じていました。一説によると、数字を押し上げた原因は、劇中で上野がソファで寝入っている長澤に近づき、唇を奪うシーンがあったからだとか。15秒にも及ぶロングキスでした」(芸能ライター)

 長澤にしてみれば上野に感謝してもいいくらいだが、そうではない。
 「上野は演技にこだわりが強く、OKが出たシーンでも自分の演技に納得がいかないと撮り直しさせることが度々で、共演者の間では非難轟々。そんなKYぶりに長澤がキレまくっていたのです」(女性誌記者)

 上野といえば、来年のNHK大河ドラマ『江(ごう)〜姫たちの戦国』の主演が決定しているが、そこでもKYぶりが発揮されている。
 「ありえない着物や髪型を要望してスタッフを呆れさせています。事務所の力で大河の主役に押し込んだまではいいですが、彼女の身勝手ぶりで他の役者のキャスティングが難航しまくりですよ(苦笑)」(テレビ局関係者)

 堀北真希(21)と宮崎あおい(24)も、ドラマの共演を機にバトルを繰り広げた。

 2人が火花を散らしたのは、'08年のNHK大河ドラマ『篤姫』でのこと。主人公を演じる宮崎と、和宮役の堀北のバトルは放映前から話題となった。
 「NHKは'06年に宮崎あおいの主演を、翌'07年に他の共演者を発表する予定でした。しかし堀北側がフライングで大河ドラマ出演を明かしてしまい、一気に堀北が注目され、主演の宮崎がヘソを曲げたのです」(テレビ誌編集者)

 それが下地となり、2人一緒の取材を申し込んでもNGで、「撮影現場で目も合わさない」と報じられ、さらにこんな話も流れた。
 「スタジオ入り当初、年下の堀北が宮崎の楽屋へ挨拶に行こうとしたら、『来なくていい』と断られ、それ以降、堀北もスタジオでは必要以上のことはしゃべらなくなった」(同)

 『篤姫』は低迷していたNHK大河としては久しぶりに高視聴率を稼ぎ出した作品。1月の放送開始から20%台をキープしていたが、堀北初登場の8月17日放送では、それまでで最高の27.7%だった。
 「堀北のおかげで数字が上がったと思われるのがシャクだったのか、普段から静かな宮崎が、よりダンマリを決め込むようになりました。堀北は'08年10月スタートの“月9”『イノセント・ラブ』で主演に抜擢され、『篤姫』と掛け持ちでスケジュールはますますタイトに。これも宮崎にとっては面白くなく、堀北の演技がヘタなどと不満をぶつけるようになったのです」(女性誌記者)

ダメ夫で心のバランスを保つ、宮崎あおい

ついに路線変更を決断した長澤まさみ


posted by ぴかまま at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。