2010年08月16日

注目番組の視聴率・・夏の恋は虹色に輝く

注目番組の視聴率2010年8月6日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●ジャニ・タレのドラマの惨敗が続いている

《10.9%》

 夏ドラマの中で不評な1本はフジテレビの“月9ドラマ”「夏の恋は虹色に輝く」。

「嵐」の松本潤、連ドラのヒロインは久々の竹内結子のラブストーリーだが、説明しても仕方がないほどご都合主義で支離滅裂な物語。初回の15.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)から2回目10.9%までダウン。2日はヒトケタ説も叫ばれた。果たして結果はどうだったか。

 もしヒトケタなら、昨春、中居正広主演の「婚カツ!」以来、月9で2作目のヒトケタ・ドラマになる。松本も中居もジャニーズのタレントというのが衝撃的だ。ちなみに、今期では長瀬智也の「うぬぼれ刑事」(TBS)が2回目から7%台まで急落し、打ち切り説まで浮上。ジャニ・タレは惨敗続きだ。

 ジャニーズでドラマを作る時代じゃないってことだ。TVマンはいつになったらこのことに気がつくのか。

(日刊ゲンダイ2010年8月3日掲載)

【ドラマの見どころ!】月9がとうとう昼ドラ化、竹内結子ならコブ付でもOKのナゾ。『夏の恋は虹色に輝く』
瞳美人に選ばれた竹内結子の目は何がどう違うのか?


posted by ぴかまま at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。