2010年08月20日

「崖っぷちのエリー」の崖っぷちぶりには同情の余地あり

「崖っぷちのエリー」の崖っぷちぶりには同情の余地あり
2010年8月13日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 テレビ朝日の連続ドラマ「崖っぷちのエリー」がまさに崖っぷちの様相を呈してきた。

初回視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)で、その後もジリジリと下降し、4回目でついに5%台にダウン。夏ドラマの中で最後尾になってしまった。

 同ドラマは山田優(26)が初主演するとあってスタート前から話題を呼んだ。始まってからも、体当たりで超貧乏な美大生を演じる山田の演技を評価する声もある。なのに数字がイマイチ……。大きな理由は“準備不足”といわれている。

「実は『崖っぷち』はオンエアの直前に突貫工事で差し替えられた企画で、十分に宣伝できなかったことが影響しているのです。数カ月前から局と事務所が調整していたドラマの山田の役柄は、金融会社の回収屋。しかし、消費者金融のイメージキャラクターを務めているため、広告代理店などからストップがかかったのです。山田は直前になってまったく異なる役柄を演じることになって、大変だったと思います」(関係者)

 スタート前からドラマは「崖っぷち」だったということか。

(日刊ゲンダイ2010年8月10日掲載)

サイバラブーム 映像化ラッシュも原作映画化は苦戦続く…

【ドラマの見どころ!】誰もツッコまなかった山田優の“貧乏臭”に良く気づいた! 『崖っぷちのエリー』2


posted by ぴかまま at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。