2010年08月22日

TBS、10月より新たなドラマ枠を開設! 実験要素の強い“チャレンジ枠”に

TBS、10月より新たなドラマ枠を開設! 実験要素の強い“チャレンジ枠”に8月21日7時32分配信 オリコン


主要キャストがオーディションで決定

 TBSが10月より毎週金曜日の深0時20分より30分の新ドラマ枠『Friday Break』を開設することが20日、わかった。第1弾は、主演を含む主要キャストを1500人参加のオーディションにて選抜するという、決してゴールデンタイムでは出来ない、新たな試みを打ち出していく。伊與田英徳チーフプロデューサーは、「『Friday Break』という枠から飛び出してくる多くのキャスト・スタッフが、『Break』するきっかけになる! そんなドラマにしたいと思っています」と同枠から次世代のスターを発掘する目論見を明かすなど、“ドラマのTBS”復権に向け新たな狼煙を上げる。

 10月より放送の第1弾はタイトルは未定だが、ヒューマンサスペンス&高速ミステリーとして、金曜の深夜の30分枠にふさわしい、スピード感溢れるシナリオ展開のドラマを放送する予定。主要キャストも応募総数1500人から選抜し、8月22日に行われる最終オーディションの模様は動画共有サービス・USTREAMで完全生中継(午後2時30分〜9時予定)される。

 『ヤンキー母校に帰る』『MR.BRAIN』『新参者』(いずれもTBS系)など話題のドラマを手がけてきた伊與田チーフプロデューサーは、「『Friday Break』という新たな枠での連続ドラマは、大きなチャレンジだと思っています。今までのドラマの枠を超えて、ゴールデンでは決してできない、新しいことにもどんどんチャレンジしていきたいと思います!」と怪気炎。

 オーディションの生中継については「どこか密閉された感じのあるドラマという世界を、もっと視聴者の皆さんに身近に感じてもらうために実施することにしました。いつでも見られているという緊張感を感じながら、この視聴者の皆さんとの密接感を新しいタイプのドラマ作りに活かしていきたいと思っています」と説明する。

 同枠では、ドラマのスタッフルーム24時間Live中継や、今まで決して見ることが出来なかったドラマの裏側である、衣装合わせやリハーサルなども生中継していくという。さらに、USTREAMの特徴の1つである、投票機能もフィーチャーし、視聴者もドラマに参加できるような試みも予定している。


タグ:TBS
posted by ぴかまま at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。