2010年08月25日

米同時テロ動機に「1Q84」執筆…村上春樹氏

米同時テロ動機に「1Q84」執筆…村上春樹氏
8月24日7時59分配信 読売新聞

 【オスロ=大内佐紀】作家の>村上春樹氏(61)が23日夜、オスロ市内で講演し、ベストセラーとなった最新作「1Q84」について、2001年の米同時テロ事件が執筆の動機なったことを明らかにした。

 村上氏は、同事件を契機に、「今、生きている世界とは別の世界がすぐそこにあるのではないかという感覚が世界中に広がったように思う」と述べた上、「(米国に)別の大統領がいて、対イラク戦争もない世界が同時進行しているかもしれないという、そんなシュールな感情を書きたくなった」と語った。

 自らの作品を「平凡な主人公が非日常的な出来事に巻き込まれる物語が多い」と話し、「自分が平凡だからこそ、平凡な人について書く」と強調した。一方、「中国や韓国などアジアの読者は、欧米の読者と比べて『非日常的な出来事』に奇妙だとか疑問を持たず自然に受け入れる」と述べた。 最終更新:8月24日7時59分



posted by ぴかまま at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。