2010年08月29日

ドラマをヒットさせる女優 ダメにする女優

ドラマをヒットさせる女優 ダメにする女優 2010年8月27日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 テレビ業界関係者に出回っている(秘)データのひとつはそのタレントが潜在的に持っている視聴率だが、その女優版は「2010下半期 最新潜在視聴率」。

そこで日刊ゲンダイ本紙が入手したデータと放送中のドラマの視聴率を比較してみた。

 潜在視聴率にたがわぬ活躍だったのは「ホタルノヒカリ2」(日本テレビ)で主演している綾瀬はるか。実は綾瀬は昨年出演した「JIN―仁―」(TBS)もヒットさせたことで大幅上昇し、全女優のトップの10.3%。現在「ホタル2」は平均視聴率が15%を超えて好調だが、脚本がよく、ミスキャストなどがなければヒットは約束されたものだったのだ。

 NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」をドン尻スタートからトップに押し上げた松下奈緒は7.9%で意外に数字を持っている女優といえる。

その一方で、松下よりも上なのにパッとしないのが、8.0%の大河ドラマ「龍馬伝」の真木よう子だ。

このところ、「龍馬伝」は視聴率がダウンし、22日は16.3%。34回放送の平均は20%を切ってしまった。やはり真木の頑張りが必要では。

 数字を持っている割に惨敗なのは「GOLD」(フジテレビ)の天海祐希。7.7%だから、松下とどっこいだが、ずっとヒトケタが続き、平均10%を切っている。そもそも子供らを五輪選手に育てる物語がピンとこない。企画の失敗だ。ちなみに、同ドラマには4.1%までダウンした長澤まさみも出演中で、長澤による上積みもほとんどないようだ。

 先週、再び10%割れの危機だった「夏の恋は虹色に輝」(フジ)には竹内結子が出演しているが、ピークを過ぎて5.7%とほどほどの竹内に過大な期待はできないということだろう。

 驚いたのは「逃亡弁護士」(フジ)に出ている矢田亜希子
かつて視聴率女王といわれたが、離婚した押尾学のスキャンダルで潜在視聴率もガタ落ちして0.3%。「逃亡」が8%台をウロウロしているのも納得だ。

(日刊ゲンダイ2010年8月24日掲載)



posted by ぴかまま at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。