2010年09月04日

「ノルウェイの森」、ベネチアを席巻 鳴り止まない拍手に松ケン感激

「ノルウェイの森」、ベネチアを席巻 鳴り止まない拍手に松ケン感激映画.com 9月3日(金)12時22分配信

 [映画.com ニュース] 開幕2日目を迎えた第67回べネチア国際映画祭で、コンペティション部門に選ばれた「ノルウェイの森」がワールドプレミア上映された。

 仏在住のベトナム人監督トラン・アン・ユンが、日本を舞台に村上春樹の原作を映画化した同作は、松山ケンイチ菊地凛子、水原希子らをキャストに迎え、村上独特の世界観を映画化したもの。決して癒されることのない、悲しみを抱えた若者たちの声にならない絶望の叫びが、ユン監督が絶大な信頼を置く撮影監督リー・ピン・ビンの、美しくも透明感のある映像によって写し出される。

 正式上映ではスタンディングオベージョンが鳴り響き、たしかな手応えを感じさせるものになった。上映後、キャスト陣は興奮した面持ちで「たくさんの方に見ていただけるだろうなと確信できました。最高の1日になりました」(松山)、「世界的に知られる村上春樹という作家の原作をトラン・アン・ユン監督と、素晴らしい共演陣とともに映画化できたこの作品に、これだけの反応が届いてきたのがとてもうれしい」(菊地)、「演じている自分自身もとても引き込まれてしまい、それだけ監督の力が素晴らしいと感じさせられました」(水原)と感慨に浸った。

 また正式上映に先立って行われた記者会見では、ユン監督が、村上とのコラボレーションとその世界観について「94年ごろ、フランスで翻訳版が出てすぐに読み、とても好きになりました。最初のシナリオが出来上がったときに村上さんに見せたら、彼がたくさんのメモを書いて送ってくれた。彼の作品には、個人の深い親密なところに響くものがあり、ただこのストーリーを語るだけではなくそういう世界観をぜひ映像に表現したかった。わたしにとっては大いなるチャレンジでしたが、素晴らしい経験となりました」と語った。

 同日には、前評判の高いジュリアン・シュナーベルの「Miral」も上映。数分間にわたり拍手が鳴り止まなかった「ノルウェイの森」が、審査員団にどう評価されるのかに注目が集まる。

1. 映画|ノルウェイの森
2. ノルウェイの森 - Wikipedia
3. ノルウェイの森 - 映画|東宝WEB SITE
4. 村上春樹『ノルウェイの森』作品解釈


posted by ぴかまま at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『ノルウェイの森』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。