2010年09月05日

福山雅治、『龍馬伝』寺田屋騒動で“瀕死”演技初挑戦

福山雅治、『龍馬伝』寺田屋騒動で“瀕死”演技初挑戦オリコン 9月4日(土)8時32分配信

寺田屋で襲撃に遭う坂本龍馬福山雅治

 福山雅治主演のNHK大河ドラマ『龍馬伝』第3部が、9月5日放送回で佳境の「寺田屋騒動」を迎える。薩長同盟を成し遂げ、お龍が待つ寺田屋へと戻った龍馬を待っていたのは、伏見奉行による襲撃。

福山は、左手を切られたことによる出血多量で生死をさまよう、自身初の瀕死(ひんし)状態の演技に挑み、細かな表情や息づかいで緊迫感、臨場感をより現実のものとしている。

 今まで出演してきたどの作品でも死からは縁遠い役だった福山が、『龍馬伝』で初めての演技に臨んだ。壮絶な寺田屋脱出劇は、同局内において前例がない程の長時間によるスタジオ撮影を敢行して収録。銃を手に威嚇射撃する龍馬と、彼の護衛役の長府藩士・三吉慎蔵(筧利夫)の華麗な棒術、そして捕り方との激闘や現場の張り詰めた空気感を、数台の高性能カメラが繊細に捉えた。

 有名なエピソードとしても知られる、龍馬を助けるお龍役の真木よう子の迫真の演技にも注目だ。お龍が湯船に浸かる妖艶な描写から一転、襲撃を一足早く察知して龍馬のもとへ階段を駆け上がるシーン。助けを求めて寺田屋から薩摩藩邸まで走る場面で真木は、カメラの追いつくスピードもお構いなしに激走し、演出の大友啓史氏も「マジで速い、速い! さすが元陸上部」と舌を巻くほどだったという。

 寺田屋騒動を軸に物語はいよいよ第4部へラストスパート。九死に一生を得た龍馬は、お龍を妻にめとり、日本初の新婚旅行先となった薩摩(鹿児島)を舞台に『龍馬伝』(NHK総合・毎週日曜後8時)は進んでいく


posted by ぴかまま at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。