2010年09月08日

あの女優は誰だ」 深津さん、迫真の演技

あの女優は誰だ」 深津さん、迫真の演技産経新聞 9月7日(火)15時10分配信

モントリオール世界映画祭で受賞した深津絵里

 カナダ・モントリオールで7日午前(現地時間6日夜)に開かれたモントリオール世界映画祭授賞式で、映画悪人」のスタッフらは、深津絵里さんの最優秀女優賞受賞に、喜びの声をあげた。

 映画祭に出席した川村元気プロデューサーは本紙の電話取材に「審査員たちが『あの女優はだれだ』と口々に言うんです。深津さんの迫真の演技が伝わったのでしょう」と話した。

 深津さんは1989年のローマ国際ファンタスティック映画祭で、主演作「満月のくちづけ」(金田龍監督)で最優秀主演女優賞を受賞している。川村さんによると、深津さんは「20年ぶりの海外映画祭で賞をもらえるなんて…」と言葉を詰まらせたという。

 配給元の東宝によると、李相日監督は「役者の力を見せつけられた。全員で勝ちとったと思います」、主演の妻夫木聡さんは「僕らの熱が伝わったと思います。深津さんがいたからこそ高めあい、支え合って、撮影できた」と話した。


深津絵里さんが映画「悪人」で最優秀女優賞 モントリオール映画祭

 【ニューヨーク=松尾理也】カナダ・モントリオールで開かれている第34回モントリオール世界映画祭で6日、日本から出品されている「悪人」(李相日監督)で殺人犯とともに逃避行を繰り返す女を演じた深津絵里さんが最優秀女優賞に輝いた。

「悪人」に加え、同じくコンペ部門に出品されていた「必死剣鳥刺し」(平山秀幸監督)、「BOX 袴田事件 命とは」(高橋伴明監督)の3日本作品はいずれもグランプリに届かなかった。

 モントリオール世界映画祭は、2008年に「おくりびと」がグランプリを獲得、その後映画賞の最高峰とされる米アカデミー賞の外国語映画賞を受賞したことで日本でも注目度が高まった。

昨年は「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」(根岸吉太郎監督)が最優秀監督賞に選ばれている。

 ■深津絵里さんの話 「ありがとう、メルシーボク。私がここに手にしている賞は『悪人』という作品を作ったすべてのスタッフにいただいた賞だと思っています。本当にうれしいです。日本にいるキャスト、スタッフの皆にこの喜びを伝えたいです。ありがとうございました」(授賞式の壇上で)

 「監督の演出がなければあの演技はできなかったと思うし、(相手が)妻夫木さんでなかったら獲れなかった賞だと思います」(授賞式が終わって)


「悪人」妻夫木、違う自分に出会った…映画「悪人」深津絵里ファン号泣!? 女優魂で挑んだ官能シーン

正統派の人気女優、深津絵里(37)が、11日公開のサスペンス映画「悪人」(東宝配給)で、禁断の処女喪失シーンに挑んでいる。公開に先立ち、深津ファン号泣? の愛欲シーンを再現する。

 深津が演じるのは、妹と2人暮らしで、家と職場を行き来するだけで付き合った男もいない孤独な女、光代。寂しさを紛らわすために、思い切って携帯の出会い系サイトにメールすると、見知らぬ男からの返信が来て、胸を躍らせる。

実は男は、殺人を犯して逃亡中。演じるのは妻夫木聡(29)だ。

 待ち合わせ場所で男の乗用車に乗り込むと、男の強引な誘いでラブホテルへ向かうハメに。まずは強引にキス攻め。女はうなじを攻められ声も出ない。男のあまりの早業に、抵抗もできず服をはぎ取られてしまうのだ。このときの妻夫木の表情は、まるで獣が獲物を襲う時のような恐ろしさ。

 男は女をベッドに後ろ向きに押し倒すと、ズボンだけ脱いで後ろから犯そうとする。「試写室でもとりわけ緊迫したシーン」(ベテラン男性評論家)で、今にも泣きそうな顔の女は「やめて」と口に出そうとするが、声にならない。次第に身を任せ、やがて自ら体を開いていく…。

 ここからは怒濤の官能シーン。全裸にされた女は、野獣のような男の激しい愛撫に、初めて女の快感を知る。しなやかな脚を男の腰にからみつかせ、恍惚の表情で涙を流すのだ。「さすがに深津のバストトップなどは見えないが、2人のあえぎ声だけが響く場面は、ものすごく官能美たっぷり。安っぽいアダルトビデオより断然セクシーなはず」と女性評論家もびっくり。

 オクテ処女を演じた深津の、初体験から女の喜び、やがて恍惚の表情にかわっていく様子は実にエロチック。さすがは演技派だ。妻夫木も、初めての汚れ役とは思えないほどのハマり具合。

 監督は「フラガール」で賞を総なめにした李相日。大作ぞろいの夏休み映画と打って変わって、秋はこの「悪人」のように、じっくり見せる作品が増え映画ファンにはうれしい季節だが、深津ファンには悲鳴があがりそうだ。(望月苑巳)

posted by ぴかまま at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック