2010年09月12日

<妻夫木聡>「悪人」初日を迎え感涙 深津はぐっとこらえ 「悪人」初日舞台あいさつ

<妻夫木聡>「悪人」初日を迎え感涙 深津はぐっとこらえ 「悪人」初日舞台あいさつまんたんウェブ 9月11日(土)14時56分配信

初日を迎え、感極まって涙を流す主演の妻夫木聡さん

 俳優の妻夫木聡さんが11日、東京都内で行われた主演映画「悪人」=李相日(リ・サンイル)監督=の公開初日舞台あいさつに、女優の深津絵里さんや李監督らとともに登場。妻夫木さんは「この日を迎えられて本当にうれしい」と瞳を潤ませながらあいさつ。「この作品はたぶん転機になった作品だと思います……。いろいろなことに新しく挑戦した作品であり、これはありのままの自分の姿だと思ってます。本当につらい日々でしたけど、こうやって初日を迎えられるのは最高の気分。ようやく(作品が)羽ばたいて行ってくれるんだなという感じです。みんなで心を一つにして作った作品を1人でも多くの方に見てもらいたい」と何度も涙で言葉を詰まらせながら語った。

 モントリオール世界映画祭で深津さんが最優秀女優賞を受賞したことについて、妻夫木さんは「身内のことのようにうれしい。家族が祝福されたような気持ち。まるで姉が賞を取ったよう」と祝福した。舞台あいさつ後に会見した妻夫木さんは「いやあ、この日のためにすべてをささげてきたので、涙、出ちゃいましたね」と苦笑いで、深津さんは「私はぐっとこらえました。一応年上なので」と笑顔で語っていた。

 「悪人」は、芥川賞作家の吉田修一さんのベストセラー小説を、俳優の妻夫木聡さん主演で映画化。「フラガール」の李監督がメガホンを取り、原作者の吉田さんとともに脚本も担当した。長崎のはずれの漁村で生まれ育った土木作業員の清水祐一(妻夫木さん)が、佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津さん)と出会い、刹那(せつな)的な愛に身を焦がすのだが、実は祐一は連日ニュースをにぎわせていた殺人事件の犯人で2人は逃避行する……という物語。岡田将生さん、満島ひかりさん、樹木希林さん、柄本明さんらも出演する。映画は全国東宝系で公開中。(毎日新聞デジタル)

深津絵里の素顔はミステリアス!?ナゾの私生活

あの女優は誰だ」 深津さん、迫真の演技

「悪人」妻夫木、違う自分に出会った…映画「悪人」


posted by ぴかまま at 03:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。