2010年09月13日

白組は嵐と福山雅治の一騎打ち、赤組は松下奈緒が大本命

白組は嵐と福山雅治の一騎打ち、赤組は松下奈緒が大本命
2010年9月5日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 NHKが今年の「紅白歌合戦」の作業を着々と進めている。

真っ先に手をつけるのは司会者選びで、ここ数年はSMAPの中居正広仲間由紀恵のコンビだったが、今年は来年が地デジ元年ということもあって、「世代交代」をテーマに一新する方向だという。

 そこで、浮上しているのが白組はSMAPの後輩の嵐、もしくは大河ドラマ「龍馬伝」の福山雅治で、一騎打ちの可能性大だ。

「すでに『嵐』の桜井翔がピンでとの話もありますが、ピンでは弱すぎるし、桜井単独でのNHKへの貢献は低い。しかし昨年の紅白でも特別扱いされた『嵐』なら局内外を説得できます。一方、福山はNHKの“今年の顔”ともいえる俳優。来年の大河『江』では同じ事務所の後輩・上野樹里が主演するから、NHKとはパイプが太い」(マスコミ関係者)

「嵐」は長く続くジャニーズの流れのままで、あまりに偏重が過ぎる。

 また、紅組は朝ドラの「ゲゲゲの女房」の松下奈緒、「龍馬伝」の広末涼子、まさに世代交代という言葉がピッタリのAKB48の名前が挙がっている。広末はヒロインではないから弱く、松下本命が大方の見方で、対抗がAKB48。AKB48は経験不足で心もとないが、まあ、賑やかにはなるだろう。

 中高年には福山、松下の大河、朝ドラのコンビが落ち着いていて歓迎したいが、果たしてどんな組み合わせになるか。最終的なジャッジが出るのは10月中旬頃だ。

(日刊ゲンダイ2010年9月2日掲載)



posted by ぴかまま at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK・紅白歌合戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。