2010年09月18日

溝端淳平が“寡黙な男”…相手役は15歳新人

溝端淳平が“寡黙な男”…相手役は15歳新人スポニチアネックス 9月17日(金)7時3分配信

 溝端淳平(21)が明るいイメージを一変、寡黙な役を演じる。

映画高校デビュー」(来春公開、英勉=はなぶさ・つとむ=監督)で、溝端にとっては“クールキャラ”デビュー。ダブル主演のヒロインには新人の大野いと(15)を抜てき。こちらは演技未経験で女優デビューとなる。

 ほとんど話さず笑わないが、モテモテという男子高校生役の溝端は「俳優としても新しい側面を開拓できるよう精進したい」と抱負。山田雅子プロデューサーは「溝端さんは“昭和”のにおいがする正統派のハンサム。ツボを押さえたら、はまると思った」と説明する。

 同作は河原和音さんの少女コミックが原作。中学時代は部活一筋だったが、高校ではイメージチェンジして恋人をつくろうと決意した女子高生(大野)が、男子高生(溝端)にイメチェンのコーチ役を依頼。2人が恋におちる姿を描く。

 大野は福岡の中学3年生。08年夏、綾瀬はるか(25)の主演映画「おっぱいバレー」のロケを地元で見学した際、綾瀬のマネジャーにスカウトされた。写真を見て“ひと目ぼれ”し抜てきを決めた山田氏は「綾瀬さんがデビューしたころのスケール感がある」と期待を寄せる。大野は「初めてで緊張しますが、ワクワクしています」と初々しく語っている。

 ◆大野いと(おおの・いと)1995年(平7)7月2日生まれ、福岡県出身。09年秋の週刊文春の巻頭グラビアが初仕事。読者や業界関係者から「あの子は誰?」という問い合わせが殺到し、先月発売号の同グラビアに異例の再登場。今年2月からファッション誌「セブンティーン」の専属モデル


posted by ぴかまま at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。