2010年09月19日

深キョンが地味な主婦に?!いそいそとみそ汁を作る激レア映像!

深キョンが地味な主婦に?!いそいそとみそ汁を作る激レア映像!
2010年9月17日(金)13時24分配信 シネマトゥデイ

 劇作家・鴻上尚史の監督作映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』で、4年半ぶりに映画での主演を務める女優・深田恭子が「ワガママで男を振り回す人気脚本家」「彼女が書く台本の地味で寂しい人妻」「その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家」の3役を務め、評判になっているが、その中の「地味で寂しい人妻」の激レア映像が本日到着した。

 髪を無造作に束ねて、いそいそと夕食の準備をする主婦・吉澤良子。地味なスカートの上に前掛け(あえてここではエプロンとは呼ばない)を着けてみそ汁を作る良子(深田)の地味っぷりは、普段の人気女優・深田恭子からは全く想像もできない。華やかな芸能人のオーラを見事に消し去った深田の女優魂を逆に見せつけるような映像だ。みそ汁のみそをはしで溶く音も何ともいえない悲壮感を醸し出し、主婦・良子の物語に花を……いや、味を添えている。ただ、最初は良子(深田)の地味っぷりに目がいくものの、観ているうちにだんだんと良子に感情移入してしまっているのにふと気が付く。夫が寝静まった深夜、シナリオを書くためにダイニングでパソコンのキーボードをたたく良子。その姿からは地味ながらもけなげに頑張る様子がじわじわと伝わってきて、最後にはつい「頑張れ! 良子!」と応援したくなってしまうほど。

 良子について深田は、「主婦をしながらでも才能や自分の持っているものをちゃんと花開かせてあげるということが描かれているので、そういう部分がみなさんにとって『やりかけていたことをやってみようかな』というきっかけになったらうれしいですね」とコメントし、エールを送っている。きっと映像を観たら「地味だけれどけなげ」な良子を応援してしまいたくなるはずだ!!

 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』は、劇作家・鴻上尚史が、過去に2度上演され大ヒットした舞台を新たに書き下ろし、自ら映画化した作品。恋をしないと仕事ができず、男を振り回す主人公の人気脚本家・谷山真由美を深田が熱演。そして深田に振り回されるテレビ局の制作プロデューサーを椎名桔平、超お気楽な制作局ドラマ部長を井上順、悪企みを抱えるキャリアウーマンを清水美沙、クライアント命の営業局長を西村雅彦、自信過剰な編成部員を塚本高史が演じている。多彩で個性あふれる顔ぶれの脇役陣とその演技も本作の見どころの一つ。

映画恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』は9月25日よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほかにて全国公開

深キョン4年半ぶり主演映画で3変化 相手役・椎名桔平を妖しく翻弄
posted by ぴかまま at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック