2010年09月30日

玉木宏、“元カノ”との関係は「仲のいい友達」

玉木宏、“元カノ”との関係は「仲のいい友達」オリコン 9月29日(水)6時0分配信

ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に出席した玉木宏 
.
 俳優の玉木宏が28日、都内で行われた新ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』(関西テレビ・フジテレビ系 10月12日(火)後10:00スタート)の制作発表に出席した。

吉瀬美智子演じる“正義感の強い”元彼女と、新たに出会った菅野美穂演じる“悪女”との三角関係も描く同作。

一部で加藤ローサとの復活愛が報じられている玉木は、去り際にプライベートの元彼女との関係を問われると「仲のいい友達の1人です」と爽やかな笑顔を浮かべた。

 物語の軸となるのは、姉の夫と息子殺害という15年前の冤罪を晴らすために“復讐の鬼”と化し、人を死に追い込む人気トリマー・野上芽衣子(菅野)と、生きる意味を失いつつも野上を追ううちに彼女に心惹かれていく刑事・真島拓朗(玉木)。それに周囲の人間の思いが複雑に絡み合っていき、衝撃の真実にたどり着くという愛と正義を描いた恋愛ミステリー作。

 11年ぶりに連ドラで悪女を演じる菅野は、“悪魔と契約した女”の役づくりで「生き血の代わりに赤ワインを飲んでます」と爆笑をさらい、制作陣から物語の結末を聞いていないことから「もしかしたら真犯人はハリウッドスターのハリソン・フォードさんかもしれない!」と冗談めかすなどノリノリ。

 タイプの違う2人の女性の間で揺れる「元気のないやさぐれ刑事」を演じる玉木は、自身はどちらの女性がタイプかとの問いに「ギャップが大きければ大きいほど惹かれると思う。正義感の強い女性ももちろん好きだし……」と悩ましい表情を浮かべ、笑わせていた。

 発表会にはほかに吉瀬、水上剣星、吉田鋼太郎、唐沢寿明が出席した。

菅野美穂、11年ぶりに連ドラで悪役! 男を破滅させる“不幸呼ぶ女”

)玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛


posted by ぴかまま at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。