2010年10月21日

高良健吾、国民的俳優駆け上がる…3月NHK朝ドラで井上真央の夫役

高良健吾、国民的俳優駆け上がる…3月NHK朝ドラで井上真央の夫役スポーツ報知 10月20日(水)8時0分配信

 俳優の高良健吾(22)が、来年3月28日スタートのNHK連続テレビ小説「おひさま」(月〜土曜・前8時)で、ヒロインの女優・井上真央(23)の夫役を演じることが19日、分かった。

映画を中心に活躍し、今年から来年1月にかけて話題作8本に出演する実力派。9月終了の朝ドラ「ゲゲゲの女房」の夫役でブレークした向井理(28)に続き、国民的俳優の座を駆け上がる。

 「おひさま」は信州・安曇野と松本を舞台に、教師からそば屋の職人に転身し、明るい笑顔で人々を照らすヒロイン・須藤陽子の人生を描く。陽子役を人気女優の井上が演じることで放送前から話題になっている。

 高良が演じるのは陽子の夫。松本にある老舗のそば屋の跡取り息子で、陽子と結婚するが、やがて戦地に召集される。そば職人になる陽子に大きな影響を与える、今作に欠かせない重要な役どころ。先ごろ若尾文子、樋口可南子ら女性キャストを中心に配役が発表されたが、夫役は伏せられており、キャスティングが注目されていた。

 高良は朝ドラ初出演。井上とも初共演になる。これまで映画にこだわって活動し、廣木隆一氏ら多くの名監督に鍛えられ実力をつけてきた。現在公開中の「おにいちゃんのハナビ」など今年から来年1月にかけて映画は話題作ばかり8本。朝ドラへの起用は、俳優としての実力とこれまでの実績が重視されたようだ。

 朝ドラの夫役といえば、松下奈緒(25)がヒロインを演じた「ゲゲゲの女房」(9月終了)の向井理。漫画家・水木しげる役を好演し、最高視聴率23・6%、平均18・6%(いずれも関東地区)を記録した。向井は放送中から人気俳優ランキングで1位になるなど大ブレーク。映画ファン中心だった高良の人気も、朝ドラによってお茶の間に一気に広がりそうだ。

 高良は放送第8週、来年5月中旬からの登場が予定されている。来年1月2日は小栗旬と共演する初舞台「時計じかけのオレンジ」が開幕し、同29日は東野圭吾氏のミステリー小説の映画化「白夜行」が封切り。俳優として大きく飛躍する一年になる。

 ◆高良健吾(こうら・けんご)1987年11月12日、熊本県生まれ。22歳。高2の時に芸能事務所入り。2005年、日テレ系ドラマ「ごくせん」で俳優デビュー。06年、「ハリヨの夏」で映画初出演。主な映画は「M」「フィッシュストーリー」「ソラニン」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ノルウェイの森」など。ドラマはNHK「白洲次郎」など。176センチ。血液型O。

次期朝ドラ『おひさま』ヒロイン・井上真央の両親に寺脇康文、原田知世 追加キャスト15名発表 
posted by ぴかまま at 03:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック