2010年10月28日

米倉涼子 打倒・篠原涼子 前祝いで“潰す”

米倉涼子 打倒・篠原涼子 前祝いで“潰す”
2010年10月27日(水)22時0分配信 週刊実話 
-
 米倉涼子(35)主演の連続ドラマ『ナサケの女〜国税局査察官〜』(テレビ朝日)の制作発表が先日、都内で開かれた。

 「米倉が演じるのは、東京国税局査察部情報部門(通称・ナサケ)の査察官・松平松子。別名、マルサと呼ばれる脱税摘発のプロ。西伊豆税務署から東京国税局に引き抜かれた松子が、誰ともなじめず、脱税容疑者だけでなく職場も混乱させながら、様々な触れ合いを通して、査察官として成長するストーリーです。『脱税するヤツは日本の道路を歩くなっ!』が決めゼリフになっています」(ドラマ制作スタッフ)

 松子の印象について米倉は「型にハマっているより破天荒なのが好きなので、ふだん(お酒を)飲んでいる感じでやらせてもらっています。今まではシリアスな役が多かったけど、今回はシリアスとコミカルな内容になっています。楽しい毎日です」と、笑顔を見せた。

 ちなみに、裏番組は『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)の最終シリーズだが、米倉は或る連ドラをとても意識しているという。

 「10月20日スタートの篠原涼子(36)主演のドラマ『黄金の豚−会計検査庁特別調査課−』(日本テレビ)です。年齢も近く名前も同じ涼子で、役柄(篠原は会計検査庁調査官として税金に目を光らす)も似ている。意識せざるを得ません」(芸能関係者)

 実は、この涼子対決は2回目。'06年7月スタートの夏ドラマで対決し、僅差で米倉が勝っている。
 「だから今回も負けられないし、できれば大差で勝ちたいと米倉は考えているようです」(テレビ局関係者)

 米倉は放送開始に先だって、結束を深めるため共演者の勝村政信塚本高史らと酒を飲んでいるというが、こんなことがあったという。

 「勝村たち3人を女ひとりでつぶしたあと、米倉は『あの女には負けない』と叫んだそうです。そして、『つぶす』とも言ったと。勝村たちは、酒席でもっと潰されると思ってビビッたそうです」(芸能記者)

 さあ、秋ドラマが面白くなってきた。

篠原涼子の発言に米倉涼子がカチンと来たはず、と関係者

<ナサケの女>初回視聴率17.6% 米倉涼子が国税査察官 コスプレ、ダンスも披露し、好スタート


posted by ぴかまま at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。