2010年11月01日

水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞って!?

水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞って!?
2010年11月1日(月)14時15分配信 リアルライブ 

 芸能界を去った水嶋ヒロのデビュー作が、いきなり大賞を受賞し、賞金2千万を貰ったポプラ社小説大賞に世間の注目が集まっている。この不況のご時勢に賞金2千万といは随分と豪勢だが、今まで5回開催しているうち、大賞受賞者は初回と今回の水嶋ヒロのみ。いやはや驚くばかりである。

 狭き門なのか、渋いのか議論が分かれるところだが、なんとこの賞金2千万は今年までで終了。2011年度からは、後継の賞として「ポプラ社小説新人賞」を実施するらしく、賞金はなんと副賞200万円とのこと。いきなり1/10に下落している。この下落ぶりもネット界隈で大きな話題になっている。どちらにしろ、水嶋ヒロ受賞のCM効果は大きく、来年以降の同社への応募者増加は見込めるであろう。経営面では成功であったといえる。

 様々な意味で注目を集める水嶋ヒロだが、問題は小説の中身である。どんな優秀な編集者がついたとしても、発売と同時に世間において“読者により厳正な審査”が行われるわけである。数々の番組で珍発言!? をしてきた水嶋ヒロの才能がどの程度なのか、大変興味がそそられる。

第1回(2006年)(応募数2746) 
大賞 方波見大志(かたばみ だいし)『削除ボーイズ0326』 (『3分26秒の削除ボーイズ−ぼくと春とコウモリと−』改題)

第2回(2007年)(応募数1223)
大賞 なし

第3回(2008年)(応募数1109)
大賞 なし

第4回(2009年)(応募数1179)
大賞、優秀賞 なし

第5回(2010年)
大賞 齋藤智裕(さいとう ともひろ)=水嶋ヒロ『KAGEROU』

)水嶋ヒロ、作家鮮烈デビューに「身震い」 賞金2000万円は辞退していた!


posted by ぴかまま at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。