2010年11月02日

井上和香 ウエスト8センチ減は脱ぐ女優へのデモンストレーション

井上和香 ウエスト8センチ減は脱ぐ女優へのデモンストレーション
2010年11月1日(月)22時0分配信 週刊実話 

 「三十路に入って、やっぱり自分の持ち味は“オッパイ”ということに気付いたようです。魅せる気マンマンです」(出版関係者)

 タレントの井上和香(30)が、去る10日、6年ぶりの写真集『IW』の発売記念イベントを都内で行った。

 「いま流行の加圧トレーニングやジョギングでダイエットに成功し、セールスポイントであるワカパイを維持しながら、ウエストを8センチほど細くすることに成功したそうです」(芸能記者)

 しかし、取材に応じた和香は「でも恋愛には縁がありません。32〜33歳くらいで結婚したいんですけど、相手がいないんです」と、ぼやいてみせた。

 デビュー当時、スリーサイズが上から90・60・90というところから“和製モンロー”と呼ばれ、その後、グラビア界を席捲してきた和香。
 「当然、ワカパイ目当てに男たちが寄ってきました。男なら、一度はあのFカップ巨乳に顔を埋めてみたいと思うのは自然です」(芸能関係者)

 格闘家の須藤元気、『ウッチャンナンチャン』の内村光良、妻夫木聡らとの仲を取り沙汰されてきた和香が、演劇ユニット『TEAM NACS』の俳優・戸次重幸と恋に落ちたのは昨年春のこと。
 「彼女の飲み仲間だった大泉洋の紹介で知り合った2人は、意気投合。すぐに彼女のマンションに出入りする戸次の姿がキャッチされたものでした」(ワイドショー芸能担当デスク)

 「三十までには結婚」を公言していた和香だけに、スワッ、結婚かと注目されたが、半年ほどで、アッサリ別れてしまった。
 「原因は性の不一致といわれました。男の方が、何かとワカパイを使った性技を求めてくるのでイヤになったといわれています」(芸能記者)

 そんな流れの中での今回の写真集発売。
 「これはもう、“脱ぐ女優”へのデモンストレーションです。映画でもドラマでも必要があれば、三十路ワカパイを惜しげもなく露出するというサインです」(芸能関係者)

 熟れたワカパイもおいしそう。

井上和香、戸次重幸と破局「仕事を最優先」


タグ:井上和香
posted by ぴかまま at 05:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。