2010年11月02日

水嶋ヒロ処女作、斬新ゆえに評価は賛否両論

水嶋ヒロ処女作、斬新ゆえに評価は賛否両論オリコン 11月2日(火)6時0分配信

処女作『KAGEROU』で『第5回ポプラ社小説大賞』を受賞した水嶋ヒロ (C)ORICON DD inc.

 『第5回ポプラ社小説大賞』で4年ぶりの大賞を受賞し、鮮烈な作家デビューを飾った俳優・水嶋ヒロの処女作『KAGEROU』。本名・齋藤智裕名義で執筆し、ペンネーム・齋藤智として素性を隠して職業欄も無記名で応募し“実力”で審査員らを驚嘆させた。

選考事務局は水嶋の作品を「テーマは命。ジャンルを飛び越えた新しい小説」と高く評価する一方で、処女作らしく荒削りな面もあり、内容の“斬新さ”ゆえに賛否両論もあったという。最終的には「それをも凌駕する書き手のパワー」が大賞の決め手となった。

 400字詰めの原稿用紙で388枚にも及ぶフィクション小説『KAGEROU』は、1日に行われた受賞会見で坂井宏先社長が「自殺する男を止めて、命を助けようとする物語」と口を滑らせた以外、詳細は公にされていない。坂井社長は「先の読めない時代だからこそ、見通しの利くような作品を選びたかった」と光る何かを見出し、水嶋の作品は「いろんな見方ができる。ジャンルの垣根を超えた新しい作品。心の奥を深く揺すった」と舌を巻いた。

 同社社員13名によって構成された選考委員からは「SF、ファンタジー、社会派小説」など意見が割れたが、結果的には8割以上が大賞に推した。グランプリが決まってから同社が会見5日前に本人と直接会うまで、選考委員や坂井社長ら誰一人、齋藤=水嶋と「わからなかった」と口をそろえた。水嶋は、1日に都内で行われた発表会に出席し「身震いしている。純粋に作品を評価してもらい嬉しく思う」と、ネームバリューではなく実力での賞獲得に感激したとコメントした。

 本来なら大賞賞金は2000万円だが、水嶋はこの受け取りを辞退。かねてから同社が全国各地で行っている「読み聞かせイベント」や各地の図書館への本の寄付金として利用することを決めた。『KAGEROU』の刊行時期は現時点で未定だが、早くも全国の書店や同社に書籍化を望む声や問い合わせが殺到している。

実は小説より…?感動“ヒロ”イン水嶋、秘密だらけ夕刊フジ 11月2日(火)16時57分配信

彗星のごとく文壇デビューした水嶋ヒロ

 ポプラ社小説大賞を処女作「KAGEROU」で受賞した俳優の水嶋ヒロ(26)。日本一高い賞金2000万円を「多くの作品が生まれるために使ってほしい」と辞退したが、肝心の作品は、いったいいつ読めるのか−。

 水嶋は芸名を伏せて、齋藤智(さとし)のペンネームで応募。1285作品から選ばれ、本名の齋藤智裕(ともひろ)として賞を受けた。

 「報道を受けて書店、取り次ぎから『いつ発売されるんだ』と問い合わせが相次いでいる」

 1日の発表会見で同社の坂井宏先代表取締役は、手応えを明かした。イケメン俳優の小説家転身第1作。文学賞としては歴史が浅く、認知度は低いとはいえ、話題性は十分で、今後のドラマ化、映画化など期待がふくらむところだ。

 いったいどんなストーリーなのか。さっそく読みたいものだが、刊行予定については、「全く未定。急げば年内に間に合わないこともないが、担当編集者がじっくり手を入れることも考えると、いつ刊行されるか見通しが立たない」と同社。

 それどころか、本の内容についても、なぜかトップシークレット扱い。 坂井代表は「自殺しようとした人を止めたが、それが人助けにつながらず…。SFとファンタジー、社会派が交じったような作品」とさわりを紹介しただけで、作品の一部抜粋はおろか、あらすじも“封印”とは、何とも不可思議。

 さすがに、会見終了後には、文芸担当記者らが主催者に詰め寄り、「きちんと納得のいく説明をしてほしい」と迫った。明かされたのは、小説は「400字詰め原稿用紙338枚分」で、応募書類の職業欄は「空白だった」ということぐらい。

 ベテラン文芸記者は「発表時点で受賞作を公表しない例は珍しくないし、新人を対象にした太宰治賞も公開されるまで期間がある。ただ、小説の内容まで箝口令が敷かれる理由が分からない。よほど外部に見せられない事情があるのか」と話す。

 水嶋は、「小説のメインテーマでもある『命』をメッセージの軸にすえ、ひとりでも多くの方に大切なメッセージを届けたい」とコメント。

 突然の発表→賞金辞退→発売日未定、というミステリーの結末は、どんでん返しが待っている?!

水嶋ヒロさんは出版業界を潤す「金のなる木」
)水嶋ヒロ、作家鮮烈デビューに「身震い」 賞金2000万円は辞退していた!
)水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞って!?


posted by ぴかまま at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。