2010年11月04日

ダルビッシュ・紗栄子離婚決意 「憔悴激やせ」紗栄子の全真相

ダルビッシュ・紗栄子離婚決意 「憔悴激やせ」紗栄子の全真相
2010年11月3日(水)17時0分配信 NEWSポストセブン 

 球界ナンバーワンの実力と人気、そしてあのヴィジュアル…。すべてを兼ね備えたダルビッシュとの結婚に、紗栄子には「うまく騙した」といった心ない声が浴びせられた。…が、幸せは続かなかった。

 いつしか夫は夜の街に頻繁に足を向けるようになった。次第に大きくなる夫婦の溝。「札幌の自宅叩き出された夜」「浮気発覚でノイローゼ通院」「憔悴激やせ」「トホホの玉の輿」…女性セブンは離婚決意までの全真相を、11月4日発売号で詳報する。

 兆候はすでにあった。10月下旬、宮ア空港に姿を現したダルビッシュ紗栄子(23)は大きなサングラスをかけて表情を隠していたが、頬はゲッソリとやせこけていた。

 夫の日本ハム・ダルビッシュ有投手(24)は今秋、米・メジャーリーグ移籍が濃厚と連日のように報じられていた。そんな中、ダルビッシュ自身がブログで、来シーズンのメジャーリーグ移籍を断念、日本ハム残留を表明したのが10月19日。

 だが、妻・紗栄子の態度はどこかあっさりしたものだった。

 ダルビッシュがメジャー断念を表明した際のブログには、<来年のこと、主人のブログみてください>とあるだけ。

 ラブラブだったはずの夫婦だが、実はすでにその関係は完全に崩壊していたのだった…。

 さらに、紗栄子に対してダルビッシュが不満を持っていた、とプロ野球関係者は証言する。

「紗栄子さんは芸能界を引退したものの、自身のアパレルブランドを立ち上げ、プロデュースを始めました。そのブランドが大人気で、仕事で東京に行くことも多くなった。遠征の多いダルビッシュに子供を預けるわけにはいかず、実家のご両親に預けるしかなかった。

 結果、ダルビッシュにとっては、試合から帰っても妻も子供もいないということが多くなって、仕事に走り回る紗栄子さんに不満を抱くようになったようです」

※女性セブン2010年11月4日発売号


posted by ぴかまま at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。