2010年11月04日

熱愛報道で浮かび上がるライダー役者“出世の法則”

熱愛報道で浮かび上がるライダー役者“出世の法則”週刊文春 11月4日(木)12時12分配信

 今年、三十路を迎えた女優の田中麗奈に、新たな熱愛が写真誌により発覚した。

 相手は「イケメン・ライダー」出身の新進俳優、佐藤祐基。田中の自宅に足繁く通う四歳年下の佐藤は、『仮面ライダーカブト』(テレ朝系)で注目される。田中とは昨年八月、NHKのドラマでの共演が交際のきっかけだった。

「田中は五年前に“ラルク アン シエル”のメンバーで十二歳年上のKenと交際していましたが、一年足らずで破局。久々の恋の相手が一転、年下は驚きですが、“熱し易く冷め易いタイプ”と言われているせいか、恋愛話が出ても不思議と結婚の話はあまり出ない」(芸能デスク)

 佐藤はブログで堂々の交際宣言、「もっと皆さんに役者として認めていただけるよう日々精進していくつもり」と殊勝なコメントを記しているが、興味深いのは、最近、熱愛報道に“ライダー役者”と呼ばれる若手イケメン俳優がやたらに登場していることである。

「今年だけでも、雛形あきこ・天野浩成(『剣』)、辺見えみり・松田賢二(『キバ』など)、今回の田中・佐藤と、ライダー出身俳優の“活躍”が目立つ」(同前)

 イケメン・ブームが続く芸能界だが、

「その火付け役とも言われているのが“ライダー俳優”なのです。オダギリジョー(『クウガ』)、水嶋ヒロ(『カブト』)、佐藤健(『電王』)などを輩出したことで、芸能プロも若手イケメン発掘に力を注いでいます」(芸能プロ幹部)

 そこで近年、業界では「若手ライダー俳優ホップ・ステップ・ジャンプの法則」まで唱えられている。

「ライダー番組を見るのはもちろん子供ですが、イケメン俳優を起用することで、その母親が熱心なファンとなる。彼らイケメン・ライダーが一般のドラマに移行すれば、母親も追いかけていくわけです」(テレビ関係者)

 ホップ(仮面ライダー)、ステップ(一般ドラマ)ときて、「交際発覚によって、結果的に彼らライダー出身俳優の認知度が上がっているのも事実。一連の“熱愛”は、いずれも女性の方がはるかに知名度が上ですからね」(前出・芸能デスク)

“格上”女性タレントとの熱愛報道を踏み台に、ライダー・ジャンプ! というわけか。

(週刊文春2010年11月11日号「THIS WEEK 芸能」より)

田中麗奈と熱愛激写 佐藤祐基、ブログで「事実は報道にある通り」
posted by ぴかまま at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック