2010年11月18日

福山雅治“結婚スクープ”の顛末

福山雅治“結婚スクープ”の顛末(週刊朝日 2010年11月19日号配信掲載) 2010年11月11日(木)配信

日本中の女子の熱い視線を独り占めする福山雅治(41)が結婚するとなれば、まさしく芸能史に残る一大ニュースだ。主演する大河ドラマがいよいよ佳境に入るこの時期ならなおのこと。女性誌が放った「福山結婚」の特大スクープ!?の、その舞台裏をリポートする──。

 11月3日夕、東京・芝公園の東京タワー。クリスマスイルミネーションの点灯式に登場した女優の小西真奈美(32)を、50人超の報道陣が待ち受けていた。翌日発売の「女性セブン」で、福山雅治との「結婚」が報じられることが広まっていた。さぞピリピリした会見になるかと思いきや、小西の意外な対応に報道陣も驚かされることになった。

 現場にいた民放局スタッフが、こう振り返る。

「PR会社の仕切りで映画の宣伝をするはずだったのに、十数分の囲み取材はほとんど福山の話だけ。司会が『映画の話を』と引き戻したのは一度だけで、その後も質問し放題でした」

 映画は小西が出演する「行きずりの街」。ワイドショーの芸能デスクいわく、

「普段ならカメラを出すかどうかギリギリのライン」

 だったが、福山との「結婚」が付くならば「大入り」も自然な流れだった。

 民放局スタッフが続ける。

「小西本人も嫌な顔ひとつせず、むしろ嬉しそうだったんですよ、すごく。最近は注目されることが少ないし、映画のPRに合わせて『結婚報道』がタイミングよく出ましたからね。しかも相手は福山。笑顔で結婚を否定する様子もイメージアップにつながるし、僕らはうまく利用されてる感がしてなりません」

小西真奈美、福山雅治との結婚報道を完全否定「ご迷惑をおかけして申し訳ないくらい」
posted by ぴかまま at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック