2010年12月06日

篠原涼子、主演映画「アンフェア」続編決定

篠原涼子、主演映画「アンフェア」続編決定サンケイスポーツ 12月6日(月)7時51分配信

 女優、篠原涼子(37)主演で2007年に公開され、大ヒットした映画「アンフェア」の続編が製作されることが5日、分かった。「アンフェア2」のタイトルで、来秋公開予定。テレビシリーズも含め、篠原演じる雪平刑事を苦しめてきた真の黒幕が明らかになる。篠原にとって主演作の続編は初めて。当たり役の復活に「より一層『アンフェア』な作品に出来れば」と意気込んでいる。

 篠原演じる雪平刑事が4年ぶりに帰ってくる。

 同シリーズは、警視庁捜査一課で検挙率NO・1を誇る敏腕刑事が、連鎖する難事件に挑むハードボイルドアクション。2006年1月期にフジテレビ系連続ドラマで放送されるや、タフでクールな雪平のキャラと先の読めないスリリングな展開がウケ、平均15・4%、最高16・5%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)の好視聴率を記録。

 同年10月放送のスペシャル版は平均18・3%とさらに数字を伸ばし、翌年3月公開の映画版は、興行収入27・2億円の大ヒットとなった人気作だ。

 が、実はドラマ版、映画版を通し、数々の事件で雪平を苦しめてきた真の黒幕がいまだ明らかになっていなかった。

 “裏切り”が大きなテーマである同シリーズ。これまで雪平の仲間と思われていた警視庁の同僚や上司が、次々と裏切っては何者かに殺されてきたが、「アンフェア2」では、ついにその真犯人が明かされる。

 巨悪に立ち向かうことになる雪平だが、一方で、自身も殺人犯の容疑をかけられ、警察・検察から追われることに。阿部サダヲ(40)、加藤雅也(47)、寺島進(47)、香川照之(44)ら主要メンバーも出演するが、今回は誰が裏切るのか−。さらに3人の大物キャストが新登場するというから目が離せない。

 初めて主演作の続編モノに挑戦する篠原は、来年2月からの撮影に向けて、「再び、雪平夏見を演じさせていただくことになりました。スタッフや共演者の皆様と共に、より一層『アンフェア』な作品に出来れば」と気合たっぷり。製作サイドでは原点回帰して、心理戦に迫るピリピリしたサスペンスを目指すといい、謎が謎を呼ぶ展開はさらにパワーアップしそうだ。

【ドラマの見どころ!】まるで時代劇。世直しヒロイン大活躍の『黄金の豚 - 会計検査庁 特別調査課』


posted by ぴかまま at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。