2010年12月08日

男性が「なりたい顔」、福山が堂々2連覇、〜佐藤健、向井理など“新世代”男前も台頭

男性が「なりたい顔」、福山が堂々2連覇、〜佐藤健、向井理など“新世代”男前も台頭オリコン 12月8日(水)10時0分配信

“福山龍馬”で、俳優として圧倒的な人気を見せつけた福山雅治

 雑誌やテレビ、映画などを観て「もしも、こんな顔に生まれ変われたら……」、そんな想像をした経験、誰しも一度はあるのではないだろうか? そこで、 ORICON STYLEでは『男性が思う“なりたい顔”ランキング』を今年も発表。その結果「龍馬伝がとても良かった」(東京都/20代)と、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で今年の顔として活躍し“龍馬ブーム”を巻き起こした、歌手で俳優の【福山雅治】がV2を達成した。

また、TOP5には10代から支持を集めた俳優【佐藤健】(4位)と、朝ドラ“ゲゲゲ〜”で一躍国民的人気を集めた俳優【向井理】が揃って初登場となった。

 10代から40代まで、全世代の男性たちから1位に選ばれた福山。昨年の支持コメントのなかにはルックスの美しさと、気取らないトークの“ギャップ”が目立ったが、今年はやはり俳優・福山雅治に憧れる声が多数。「大河での表情が良かった」(30代/埼玉県)と、最終回を終えた今も“福山龍馬”に称賛の声が寄せられ、世代を超えて圧倒的な人気を見せつけた。

 そして2位にはSMAPの【木村拓哉】、3位には俳優として、また作家としての才能も開花させた【水嶋ヒロ】が昨年から順位をキープ。木村は同世代である30代、40代からの得票率が高く、1994年に放送されたドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)で俳優としてもブレイクし、常にトップを走り続けてきた男に「だれでも一度は憧れる」(40代/神奈川県)とのこと。また、作家デビューが話題をさらった水嶋は、「ただきれいな顔というだけでなく、知性がにじみ出ている」(20代/男性)と、文武両道を地でいく姿に脱帽といったところだ。

 このほか、初登場4位となった【佐藤健】は、「童顔だけど、大人っぽいから」(10代/東京都)と10代から羨望の眼差し。放送中の主演ドラマ『Q10』(日本テレビ系)で学生役を演じており、そのイメージも直結しているようだ。そして、流行語大賞にも選ばれた『ゲゲゲの女房』(NHK総合)で役者として大ブレイクした【向井理】も5位に初登場し「やさしい二枚目」(40代/神奈川県)との声が届いた。こちらも劇中で演じた漫画作家・水木しげるの印象がそのまま投影されたようだ。

 男性が思う“なりたい顔”を通じて、世代ごとの生粋のモテ男がランクインした今回のランキング。女性からだけではなく同性からも“男前”と認められるには、ルックスだけではなく、やはり仕事での結果や生きる姿勢そのものも支持されていることが伺える。

【調査概要】
調査時期:2010年11月1日〜11月4日
調査対象:合計 男性500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



posted by ぴかまま at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。