2010年12月13日

弁護人”田村正和が真矢&相武&釈ら豪華女優と競演!

弁護人”田村正和が真矢&相武&釈ら豪華女優と競演!オリコン 12月4日(土)5時0分配信

連続ドラマ『告発〜国選弁護人』で4年半ぶりの主演を飾る田村正和

 俳優の田村正和が、4年半ぶりに主演する来年1月スタートの連続ドラマ『告発〜国選弁護人』(テレビ朝日系 木曜後9:00)に、真矢みき相武紗季橋爪功ら豪華キャスト陣が出演することがわかった。

田村の連ドラ主演は『誰よりもママを愛す』(TBS系)以来で、同局の連ドラでは1978年放送の『若さま侍捕物帳』以来、実に33年ぶり。さらに田村演じる国選弁護人・佐原弁護士を幻惑する木村多江、釈由美子、市原悦子らゲスト女優の“悪女”ぶりにも注目が集まる。

 同作で田村演じる主人公・佐原は、経済的理由などから弁護人を依頼できない被告に、国が憲法の定めによって選任する弁護士である国選弁護人。罪を犯した人間を救うという信念を持って報酬度外視で小さな真実のために戦い続け、被害者と加害者の区別なくその人の幸せを願うという役どころを務める。

 真矢演じる田中純子は、金銭的にも精神的にも佐原親子を支える、佐原の亡き妻の妹。国際平和医師団のメンバーで佐原の一人娘・鶴子役の相武は、山口智充演じる同メンバーの佐藤健吾と“フィアンセ”という間柄を演じる。また弁護士の面々に近藤芳正、松尾敏伸、橋爪功が脇を固める。

 さらに夫殺しの罪に問われる人妻役に木村、世界の大物とつながり真実が明るみに出ることを妨害しようとする謎の女役に釈、現政権の秘密を知る財界の大物役に市原など、田村を取り巻く“悪女”たちが登場。そのほか国仲涼子、原沙知絵、若村麻由美など魅惑的な女性被告人が難事件とともに田村の前に次々と姿を現す。

 田村出演の“事件モノ”といえば、一風変わった警部補が展開する謎解きを軸に人気を博した『古畑任三郎』シリーズのイメージが強い。今作では1人の人間として依頼人に心を寄せる“人間臭さ”を魅力的に描いた弁護人という新たなキャラクターに挑戦している。また撮影は2009冬から始まり、綿密に練られたストーリーと豪華キャストによる重厚な演技、丁寧な心理描写などこれまでの連ドラにない壮大なスケール感を持った贅沢な大人のための法廷ドラマとなっているようだ。



posted by ぴかまま at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。